essence note

ダイエット・健康・料理・グルメ・ライフスタイルなど。気になるコト役立つ情報アレコレ。

ミュゼ

健康 ・ガッテン

ガッテン 骨ホルモンで血糖値が下がる!1日1分かかと落としで若返り効果!

投稿日:2017/02/15 更新日:

血糖値が気になる方、アンチエイジングや健康が気になる方も必見です!

今世界中の研究者が大注目しているという「骨ホルモン」。
骨ホルモンは、骨を刺激することで分泌されて全身へ運ばれ、脳や肝臓、すい臓、腎臓など、様々な臓器を活性化してくれることが新たに分かったそうなんです。

今回は、血糖値の上昇を抑え若返り効果もあるという「骨ホルモン」と、骨ホルモンを分泌させる「1日1分かかと落とし」のやり方についてまとめました。

2/15NHK「ガッテン」で放送された内容を元にまとめました。

Sponsered Link

...

”骨ホルモン”とは?

骨と言えば体を形作る大切な臓器の1つですが、骨は多くの細胞から構成されていて、中には骨髄があり血管が通っています。
そして骨は「膵臓」とも密接に関係があるそうなんです。

膵臓と言えばインスリンを分泌する大切な役割があり、糖尿病にかかわる血糖値に大きく関係している臓器です。

実は、骨密度が高くなると血糖値も改善されることがあるそうなんです。

さらに、骨には「オステオカルシン」というホルモン成分があり、今までは骨の形成に関わるホルモンだと思われていましたが、インスリンの分泌と関係していることが新たに明らかになったそうです。
オステオカルシンは膵臓の働きを良くして、血糖値を正常にする働きをするのです。

この「オステオカルシン」=骨ホルモンは、そのほかにもさまざまな臓器の働きを活性化させる効果があります。

・脳・・・神経細胞の結合を維持し、記憶や認知機能を向上させる効果。
・心臓・・・動脈硬化を防ぐ効果があると考えられる。
・肝臓・・・肝細胞の代謝を促し、肝機能を向上させると考えられる。
・腎臓・・・骨が作る「FGF23」というホルモンが、血液をきれいにしてくれる腎機能を向上。
・腸・・・糖の栄養吸収を促進。
・皮膚・・・骨芽細胞が作るコラーゲンは皮膚細胞と同じ種類のため、しわの数と相関が高い。
・精巣・・・男性ホルモンを増やし生殖機能の向上。...など。

現在わかっているだけでもこれだけ多くの臓器の機能向上などに効くことがわかっています。
骨を元気にすることは、様々な健康効果が得られるということなんですね。

オステオカルシン(骨ホルモン)と血糖値の関係
番組で調査したところ、
血糖値が高い人は、オステオカルシン(骨ホルモン)の血中濃度が低く、
逆に、オステオカルシンの濃度が高かった人は、血糖値も低い傾向にあることがわかりました。

つまり、骨ホルモンを増やせば血糖値が下がるということがはっきり言えるということですね。

*骨密度が正常でもオステオカルシンが少ない人もいて、オステオカルシンの数値と骨密度には必ずしも関係性があるとは言えないとのこと。

 

1日1分!骨ホルモンを分泌させる方法

骨ホルモン(オステオカルシン)は、簡単に増やすことができ、それによって血糖値を下げることができます。また様々な臓器の働きを活発にし若返り効果も期待できます。

骨ホルモンを増やして若返り!かかと落としのやり方

1・直立姿勢でゆっくりかかとを上げ、つま先立ちになります。
2・かかとに衝撃が伝わるように、かかとをストンと下ろします。

*1日30回を目安に行います。
*1日の間で何回かに分けて行ってもOK。
*バランスを崩しやすい場合はテーブルなどに手をついて行ってください。

振動などの刺激が骨に伝わると、骨の細胞ネットワークが活性化して、骨ホルモンが分泌されるそうです。

 

効果は?

実際に番組で、血糖値が高めでオステオカルシンの値が低めだった人が1週間試したところ、ほとんどの人がオステオカルシンの血中濃度が上がり、血糖値HbA1cも下がるという結果に。

効果には個人差がありますが、かなりの効果ができそうです。

 

Sponsered Link

まとめ

とっても簡単ですね!

皆さんも是非やってみてくださいね。

 

sponsered link


sponsered link


アドセンス関連コンテンツユニット



-健康, ・ガッテン

Copyright© essence note , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.