essence note

ダイエット・健康・料理・グルメ・ライフスタイルなど。気になるコト役立つ情報アレコレ。

ミュゼ

くらし ・あさイチ

あさイチ 切り花を長持ちさせるコツ!しおれた花の復活技・塩素や砂糖を使う分量など

投稿日:2017/03/21 更新日:

3月21日NHK「あさイチ」で放送された「切花を長持ちさせるコツ」をご紹介します。

水切り方法、生け方のコツ、砂糖や塩素を使う分量、しおれてしまった花の復活方法、飾る場所など、切花を長持ちさせるちょっとしたコツや裏技です。

家の中に花があると、気持ちが明るくなっていいものですよね。少しでも長く楽しめるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#ad-top]
Sponsered Link

...

水切り方法

水を吸い上げる管に空気が入らないようにするのがポイント。
水の中に茎をつけて、水中でカットします。
少し斜めに切ると水を吸い上げやすいです。
茎を潰さないようによく切れるハサミを使いましょう。

水を腐らせないため、傷んだ花びらは取り除き、水の中に浸かってしまう葉も取り除きます。
茎も傷んでいる部分は切り落とします。
茎の周りに空気が循環するよう、ゆったりと生けます。

長持ちさせるわざ

水に塩素を入れる
分量は、1リットルの水に対して、塩素を5滴くらい。
小さい花瓶なら滴で十分です。

砂糖を入れる
砂糖は切花の栄養になります。
分量は、1リットルに対して20パーセント程度。20g程度です。
水を換えるたびに、砂糖を入れてあげるのがベスト。

しおれてしまった花の復活技

しおれてしまった場合の応急処置水かさの深い器に入れ、茎に水圧をかけるようにすると、水が上がりやすくなります。
1時間ほどすると、水が上がり、茎も花びらもピンとして元気になります。

バラなど茎が硬い花の復活技
新聞紙で茎を包んで、まっすぐ立たせてあげます。
茎の切り口を、火で炙り、真っ黒になるまで焼きます。
炭の状態にすることで殺菌効果がアップします。
その後、水に1時間ほど浸します。
それでも元気にならない場合は、茎の先端を熱湯に数秒つけます。
茎の中の空気が膨張して、外に出ることにより、水揚げが良くなります。

 

飾る場所

窓辺などの日が当たる場所はNG。
切花は光合成をしませんので、太陽の光に当てる必要がありません。
窓辺は温度差が激しく花が傷みやすくなります。
寒暖差のないところに置くのがベストです。

まとめ

お砂糖や塩素を使うというのは知りませんでした!
花もちょっとしたコツで長持ちさせることができるんですね。
ぜひ試してみてください♪

[ad#ad-bottom] [ad#ad-bottom]
sponsered link


sponsered link


アドセンス関連コンテンツユニット



-くらし, ・あさイチ

Copyright© essence note , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.