その原因Xにあり!”心の老化”改善法・新聞足たたみのやり方!やる気が出ない・イライラなどを解消

      2017/03/18

...

3月17日「その原因Xにあり!」で放送された「”心の老化”改善法」についてまとめました。心の老化を防ぐ簡単な方法として、脳を活性化させる「新聞足たたみ」が良いそうです。

些細なことでイライラしたり、やる気が出ない、面倒くさい…などと感じることが増えていませんか?老化現象は、シミやシワ、白髪、筋肉や骨格の衰えなど外見的なことだけではなく、実は心にも老化現象は起こるのです。

心と体は相互に作用していますので、生き生きハツラツと元気でいるためには心の健康も大事ですよね。健やかに日々過ごせるよう、是非参考にしてみてください。

教えてくれたのは、加藤プラチナクリニック 加藤俊徳院長

Sponsered Link

マンネリ化した生活が心の老化の原因になる

心の老化は、些細なことでイライラしたり、つい怒ってしまうなど感情のコントロールができなくなったり、以前よりも色々なことが億劫に感じたり、行動力がなくなる、というところから始まります。

毎日同じことの繰り返しだと、脳がマンネリ化して省エネ化されます。脳へ新しい刺激がほとんどない状態が続くと、脳の神経線維が衰えていき、脳の司令塔「前頭葉」の働きが悪くなります。そうなると、感情のコントロールができなくなったり、判断力が鈍るなど、心の老化が進んでしまうのです。

*「神経線維」とは脳全体に張り巡らされていて、脳の様々な場所と情報交換をするためのパイプ役を担っています。
*「前頭葉」は、物事を判断したり感情のコントロールを司っています。

あなたは大丈夫?心の老化度チェック

そのイライラ、めんどくさい、は心の老化?簡単なセルフチェックをしてみましょう。

■心の老化度チェック
1・話したいことを我慢できず、会話がかみ合わない。
2・食べ慣れた料理を注文することが多い。
3・場の空気を読めず、オヤジギャグを言ってしまう。
4・友人との約束は、相手から誘われるのを待つ。
5・「もう歳だから」を理由に行動をためらう。

いかがでしたか?2つ以上当てはまったら要注意です。

オヤジギャグはやっぱり要注意なんですね(°▽°)。

 

神経線維は伸ばすことができる!

心の老化を防ぐには、脳に刺激を与え、神経繊維を活性化させることが大事です。

神経繊維を伸ばすには、あえて「普段やらないこと」「面倒くさいこと」をやってみることです。年齢にかかわらず、神経繊維を伸ばすことは可能なので、ぜひチャレンジしたいですね。

実際に、80歳で新しいことにチャレンジし1年で神経繊維を劇的に急成長させた人もいるそうです。「マンネリ化しないように常に新しいことにチャレンジし、変えていくことが大事」だそうです。

 

心の若返り法!「新聞足たたみ」

家庭で今すぐできる、老化予防法です。早速やってみましょう。

■「新聞足たたみ」のやり方

*新聞紙1枚を足元に広げ、両足を使って折り畳みます。

普段使わない足の指を使うことで、脳が刺激され神経繊維が成長します。
端と端を合わせるように丁寧にたたむことで、より脳が使われるとのこと。

 

自律神経を整えてリラックスする

やる気が出ない、イライラする、怒りっぽくなったり気持ちが不安定になるなどは、ストレスによりセロトニンという物質が不足することも原因です。

自律神経のバランスを良くし、ストレスを溜めないことは心身ともに健康でいるためにも大切なんですね。

簡単にできる方法のひとつとして、気楽な友人と話をする、ということも良い方法です。外出が面倒というときも、気楽な友人なら気軽に会えて気負わずに話ができストレス解消になります。

また、人は目の前にいる人から自然と影響を受けるものなので、笑顔の素敵な元気な人と話すと、自然と影響を受け、明るい気持ちになれます。

■脳をリセットしてストレスを解放する方法として、マインドフルネス(瞑想法)という方法も最近話題になっています。
1日3分瞑想法・マインドフルネスのやり方!脳をリセットして痩せる【主治医が見つかる診療所】

あさイチ ストレス対処法!心のストレッチで気持ちを楽にしよう

まとめ

体と脳と心は繋がっていますので、脳を適度に刺激することは大事なんですね。暖かくなりますので、色々なところにお出かけするのも良いですよね!
日々穏やかに楽しく、新聞足たたみをし、出かけたり、新しいことにもチャレンジてみましょうー☆

Sponsered Link

Sponsered Link

 

 

 - 健康, ・その原因Xにあり!