essence note

ダイエット・健康・料理・グルメ・ライフスタイルなど。気になるコト役立つ情報アレコレ。

ミュゼ

くらし ・スッキリ!!

片付けの達人おさよさんの簡単アイデア収納術・収納グッズまとめ!スッキリ

投稿日:2017/08/11 更新日:

おさよさんの収納術

インスタグラムで話題の片付けの達人主婦、
おさよさんの簡単なアイデア収納術&収納グッズをまとめてご紹介します。

おさよさんは、100円ショップなどの格安グッズを使った簡単でオシャレな収納術がインスタグラムで注目され、フォロワー数23万人超という大人気のカリスマ主婦。
収納術をまとめた書籍は現在6万部を超える大ヒット!

おさよさんの様々なアイデア収納術は、簡単で実用的。
すぐに真似できそうなものばかりです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

情報元:4月13日・7月4日・8月11日「スッキリ!!」

Sponsered Link

...

おさよさんの片付けルール・ポイント

モノを捨てる基準

・まず、片付ける場所のものを一旦全て出し、要るものと要らないものを分けます。

ポイントは、「1年以内に家族が使う姿を想像できないものは捨てる」こと。

”どんな時に、どんな場面で、誰が使うか…”ということが想像できないものは処分の対象になります。

どうしても迷ってしまう場合は、「見直しボックス」を作り、とりあえず一時保管します。そして1か月経っても使わなければ捨てることとします。

モノの定位置を作る

・すべての収納において、モノの定位置を決めるのがポイントです。

自分の使いやすい位置に定位置を作り
戻しやすい場所に収納をつくっておくと片付く!

使用頻度が高いもの・家族も使うものは、
出し入れしやすく、わかりやすい場所に定位置(収納場所)を作ると、片付けやすくなり手間も減って楽になります。

そしてラベルなどを貼って分類するのがおすすめ。一目瞭然で管理しやすくなり、無駄も減ります。

空間を縦に区切り、立てて収納する

畳んだ衣類やキッチングッズ、食料品、布団などなど、可能であれば収納スペースは縦に区切り、立てて収納すると出し入れもしやすく便利です。
本棚のように横並びにすれば一目瞭然で、埋もれてしまうこともなくなります。

縦に区切るには、ブックエンドやファイルケースなどを使うと便利。
クローゼットなど大きな収納スペースなら、突っ張り棚(棒)を縦に設置するのがおすすめ。

 

押し入れ・クローゼット

押入れは、まず布団のスペースを確保。
残ったスペースを仕切り、使用頻度の高いものを優先に収納します。

最上段:使用頻度の少ないおもちゃ、季節のもの、イベントグッズ。
2段目:生活用品。出し入れしやすく収納。
3段目:使用頻度の高いもの、重いもの。

布団は圧縮し、縦に収納

・布団は圧縮してコンパクトにし、縦に収納します。

押入れは、突っ張り棒を縦に使って仕切りを作り、圧縮した布団を縦に収納するのがおすすめです。そうすればどの布団もすぐに取り出ることができます。

横に平積みにすると、下に重なった布団が取り出しにくく、崩れたりして無駄に時間と労力がかかってしまいます。

衣装ケースも仕切って出し入れしやすく収納

衣装ケースやワイヤーかごなどには、仕切りを作ると小物を無駄なく綺麗に収納できます。

・ワイヤーかごには、100円ショップのプラスチックシートにパンチで端に穴を開け、結束バンドで固定して縦に仕切りを作ると収納しやすく便利です。

・衣装ケースは、セリアの「フリーザーエンド」で仕切り、底の部分には100均の滑り止めを敷きます。こうすることで、服を取り出した時に倒れるストレスがなくなります。
*フリーザーエンドは、冷凍室での収納に使うグッズです。

 

紙袋で便利収納

紙袋は上を2回ほど内側に折り曲げるだけで、収納や仕切りに使うことができます。
靴下やハンカチなどの小物を入れるのにも便利!

●靴下の超コンパクトなたたみ方
かかと部分を内側に折り、つま先をたたんで中に折り込めば、コンパクトにたためます。

ハンガーはかけて収納

ハンガーはカゴなどに入れておくと、取る時にいちいち引っかかって面倒ですよね。

収納スペースに突っ張り棒を設置し、大きめのS字フックに縦にしてかけて収納すれば、スペースも取らず、絡まらずスムーズ!

ちょっとしたことですが、毎日のことなのでこうした工夫が日々の家事を楽にします。

ハンガーで作る収納グッズ

簡単で安上がりな収納アイデアです。
クリーニング屋さんなどでついてくるワイヤーハンガーを使って、帽子掛けを作ります。

クローゼットの中で帽子などをかけて収納したり、靴箱の中で突っ張り棒に吊るしてシューズかけにしたり、そのまま物干し竿にかけて干すこともできて便利です。

●収納ハンガーの作り方
1.針金ハンガーの肩の部分を内側に折り曲げる。
2.中央部分も内側に折り曲げる。
3.ファブリックテープ(布製の接着テープ)を巻く。

家電製品のコードの収納

ファンヒーターなど家電製品のコードは、本体の裏側に100円ショップのフックを貼りつけ、電源コードをまとめてひっかけ収納しておくと便利です。

●その他延長コードの電源タップやコンセント付近など、電源コードが集まっているところの壁にもフックを取り付け、線をまとめて引っ掛けておくと、ホコリが溜まりにくく床の掃除もしやすいです!

キッチン

棚の大きさに合わせて収納グッズを変え、使いやすい場所に置いていきます。

100均の収納グッズは色々なサイズがあるので、スペースや物に合わせて使いやすいものを選びます。定位置を決め、使い勝手よく収納しましょう。

使用頻度が低いものは、収納ケースに入れて上部の棚へ。
わかりやすくラベルをつけておきます。

シンク下は、縦に仕切って立てて収納

ごちゃごちゃしがちな深さのあるシンク下は、ファイルボックスを使用して縦に仕切り、フライパンなど調理道具や食器を立てて収納します。

立てて収納することで、引き出しを開けたときにどこに何があるかわかりやすく、出し入れもしやすいので片付けも断然楽になります。

 

・乾物やレトルト食品などは、文房具の「スライドバーファイル」に挟み、吊るして収納するのがおすすめ。

「未開封」と「開封済み」に分けて収納すれば、無駄も防止できます。

小さな袋のものが下に埋もれて賞味期限切れになっても気づかない...とか、同じものをダブって購入してしまうということも防げます。

素晴らしいアイデアですね!

ゴミ袋はかけて収納

・ゴミ袋は、ゴミ箱のそばに突っ張り棒を取り付け、かけて収納すれば取り出しやすくて便利。在庫も一目でわかります。

タオルハンガーを使って種類別に収納するのもおすすめ。

・保存袋は新品と使いまわしの袋と分けます。
1回使うごとに★印を書き、3回使ったら捨てるルールにします。

お気に入りのキッチングッズは見せる収納

キッチンの収納は、生活感のあるものなどはできるだけ隠してスッキリ見せ、お気に入りのお鍋やツールなどは、取りやすいようにオープン棚に置きます。

白や自然素材のものなど統一すると綺麗に見えます。

見える収納にすることで、できるだけキレイに大切に使おうという意識が自然と強くなり、手入れし丁寧に扱う→綺麗に保つ→長持ちするという好循環にもつながります。

 

冷蔵庫

冷蔵庫は頻繁にものを出し入れするため、物の定位置をきちんと決めておくと片付ける手間が減り、楽になります。

他の収納と同様、100円の収納グッズを利用し、ラベルを貼ってゾーン分け、トレイに入れてグループ分けなどをします。

わかりやすい、出し入れしやすい収納をしておくことで、在庫管理もしやすく無駄が減り、扉を開けてあれこれ探す事もなくなるので節電にもつながります。

●冷蔵室

・早めに消費するものはまとめておく。
・朝食に出す定番のもの(漬物やバターなど)はトレーにひとまとめにし、トレーごとすぐ出せるようにしておく。

・調味料は100円ショップの「マヨネーズスタンド」を使い、立てて収納。残りが一目でわかります。

 

●野菜室

・深さがある野菜室は、100均のクリアボックスで小部屋を作って収納。
・葉物野菜は、花を花瓶に生ける時のように、袋に入れ茎の部分を水につけ立てて収納すると鮮度が保て、日持ちします。

●冷凍室

引き出し式の冷凍室は、上から見やすいよう立てて収納します。
・食べものは保存袋に移しかえ、ダブルクリップにマスキングテープで中身を書いて収納。

肉:ピンク、魚:青、その他:白
など色分けすることで在庫が一目でわかります。

・早めに消費したいものは冷凍庫の扉付近にメモを貼り、無駄をなくします。

ダイニングテーブル

ついつい物を置きがちなダイニングテーブル。
ダイニングテーブルの上をスッキリしておくと、部屋もスッキリ見えます。

・テーブルの脚に突っ張り棒を設置し、小物を収納
テーブルの脚と脚の間に突っ張り棒を使い、テーブルの上に溜まりがちなティッシュや日用品などをS字フックでぶら下げます。そうすれば、テーブルの上はスッキリ片付きます。

ティッシュの箱は布製のティッシュケースに入れてぶら下げ、こまごましたものは小さな収納ケースをぶら下げ、そこに入れます。

 

リビング

リビングには、リビングで使うものだけを置くようにします。

・リモコンなど特によく使うものは、定位置を決めてまとめてケースなどに収納します。

・掃除道具・日用品など家族が使うものは、リビングのクローゼットにまとめて収納します。
子供や家族が誰でも片付けやすいように、定位置を作り、収納ボックスにはラベルをつけます。
収納ボックスの中も、細かいものはジップ付き保存袋に入れて分類し、名前を書いて収納。

縦長の掃除機などは、突っ張り棒(棚)で縦に仕切って収納します。

おすすめは強力突っ張り棚。
耐久性があり、縦の空間を仕切るのに便利。

 

細かなところまで徹底してますね!

子ども部屋(子供のスペース)

子供が身支度&片付けしやすい収納に

子供のスペースは、子供が自分で身支度しやすいよう、片付けやすいようにします。

・勉強机の両サイドにカラーボックスを置き、上段に収納ラックを設置。
体操服は丸めて収納すれば子どもでも簡単に片付けられます。

・100円ショップのタオルハンガーのバーをカットし、カラーボックスの側面に貼り付けます。S字フックをかけて、通学用のカバンや学校用の道具類をかけられるようにします。

・100円ショップのふた付きボックスに、夏服と冬服をそれぞれ分けて収納。
季節が変ったらボックス上下を入れ替えるだけで、簡単に衣替えができます。

・小さいお子様がいる家庭でよく使われている、正方形のパーツを組み合わせて使うウレタン製のマット。隙間にゴミが溜まり、掃除に手間がかかります。メリットもあると思いますが、デメリットの方が大きいため撤去しましょう。

おもちゃの収納

・おもちゃの空き箱など、使わない箱は処分しスペースを確保します。
・入れる場所を決めておくと、毎日の片付けがとても楽になります。

・子供目線で、取り出しやすい場所には使用頻度の高いものを。
上段の取り出しにくい場所には、組み立て式の取っ手付きボックスを使い、
使用頻度の低いものを収納します。

・収納ボックスには、牛乳パックなどでタグを作り中身を記入しておくと分かりやすいです。
*牛乳パックを丸く切って穴を開け、紐を通して取手に結びつけると、見やすくてかわいいタグになります。

・小さい子供にはそれぞれおもちゃの写真を貼っておくのがおすすめ。
字が読めなくてもすぐに片付ける場所がわかります。
子供自身も片付けやすく、出すときもわかりやすいので、おもちゃが迷子になりません。

ブロックや人形などを「お部屋に戻してあげてね
というと子どもが自分で片づけるようになるとのこと。

↓おさよさんおすすめの収納ボックス・イケアのSKUBB(スクッブ)。取手付きで使いやすい。

 

 

玄関

玄関の収納スペースには
100円の突っ張り棒を設置し、傘や靴べら、ハンガーなどを掛けて収納。
上部には4本の突っ張り棒で棚を作り、子供のおもちゃやアウトドアグッズなどを収納。

傘立てを床に置かず、傘をかけて収納する事で掃除がしやすくなり、湿気も防止できます!

電解水+ハッカ油でお掃除!

拭き掃除には、洗剤不要で汚れが落ちる電解水に、ハッカ油を2~3滴混ぜて使うのがおすすめ。

どこにでも使えて、汚れも落ち、虫除けにもなります。

*電解水は100円ショップでも購入できます。

...

 

Sponsered Link

まとめ

ものの定位置を決めておくのはとても良いと思いました。
できるだけ床に物を置かない工夫も!

片付けても片付けても
毎日暮らしているとすぐ散らかってしまうものですが、
一人で片付けてるときりがないので
できるだけ片付けの手間を省けるよう、まずは不要なものを処分してものを減らすこと。

そして、家族も片付けやすいよう、
わかりやすい収納や動線を考えて一工夫するのが良いですね!

おさよさんのアイデア、とても参考になりました。
我が家でも取り入れてみようと思います。

■おすすめ!片付け・収納テクニック
あさイチ スーパー主婦の片付け&収納術!リビングや玄関もスッキリ♪
世界一受けたい授業 人生が変わる!フランス式冷蔵庫収納術&ドレッシングのレシピ
あなたの家にもきっとある!絶対に断捨離すべき15のモノ
ダイエットにも応用可能!断捨離とは?初心者のために基本を丁寧に解説してみた

sponsered link


sponsered link


アドセンス関連コンテンツユニット



-くらし, ・スッキリ!!

Copyright© essence note , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.