essence note

ダイエット・健康・料理・グルメ・ライフスタイルなど。気になるコト役立つ情報アレコレ。

ミュゼ

健康 ・その原因Xにあり!

その原因Xにあり!睡眠障害・血糖値上昇にはりんご酢が効果的!糖尿病予防にも!

投稿日:2017/03/03 更新日:

3月3日「その原因Xにあり!」で放送された
「睡眠障害や糖尿病予防に効果的なりんご酢ドリンクの作り方」をご紹介します。

寝ている間に血糖値が急激に上下する状態を「ジェットコースター血糖」と言いますが、
睡眠障害と血糖値は密接な関係があり、糖尿病の原因になることもあります。

リンゴ酢ドリンクは、血糖値の上昇(ジェットコースター血糖)を抑え、睡眠障害や糖尿病の予防にも効果が期待できます。

熟睡できない、朝スッキリ起きられない、などの睡眠トラブルがある人は是非参考にしてみてください。

教えてくれたのは、日本初の栄養療法専門クリニック・新宿溝口クリニック・溝口徹院長

Sponsered Link

...

睡眠障害と血糖値の関係

熟睡できない
寝たはずなのに目覚めがスッキリしない
疲れが取れない

...というような睡眠トラブルの原因は
血圧や生活リズムの乱れなどがありますが、血糖値が関係している場合もあるそうです。

睡眠障害の原因は「ジェットコースター血糖」

「ジェットコースター血糖」とは、寝ている間に血糖値が急激に上下する状態のこと。

血糖値が安定していないと
眠っていても熟睡できず体が休まらないため、疲れが残った状態になってしまうのです。

ジェットコースター血糖の原因は糖の摂りすぎ

「ジェットコースター血糖」がおこる原因は、寝る前に糖質を摂り過ぎてしまうことにあるそうです。

糖をたくさん摂ると血糖値が急上昇しますが、これに反応して血糖値を下げようとインスリンが大量に分泌されます。するとさらにこれに反応して興奮ホルモン「アドレナリン」が大量に分泌され血糖値を上げようと働き、血糖値が乱高下し、「ジェットコースター血糖」の状態になります。

仕事の都合などで夜遅い時間にごはん山盛りの食事や、お酒を飲んだり、甘いものを食べてしまうことはよくあることかもしれませんね。

また、デスクワークなどでほとんど運動をしない状態だと、糖が消費されにくいため、寝る前にたくさん糖分を食べるのと同じように、寝ている間にジェットコースター血糖がおこるそうです。

ジェットコースター血糖は、糖尿病のリスクが高まる!

過剰に血糖値の上下が繰り返される「ジェットコースター血糖」は、長時間全力疾走しているような負担がかかり、寝ていても体が休まっていないので、朝起きても疲労感が残ってしまうのです。

このような状態が続くと、インスリンの反応が鈍くなって血糖値が下がりにくくなり、糖尿病のリスクが高まります。さらには、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気のリスクも高くなってしまい危険です。怖いですよね。

■ジェットコースター血糖チェック

・歯ぎしりや歯を食いしばる癖がある
・寝汗をたくさんかいてしまう
・怖い夢を見る
・食後2時間くらいで眠くなる

*これらは、アドレナリン大量分泌で起こる症状です。
ひとつでも当てはまるとジェットコースター血糖の可能性があり要注意です。

ジェットコースター血糖の予防には「リンゴ酢」が効果的!

酢は胃の働きを弱めて、糖の吸収をゆるやかにする作用があります。そのため血糖値の急上昇を予防する効果があるのです。夕食前にリンゴ酢を飲めば、寝ている間のジェットコースター血糖を抑える効果が期待できるとのこと。

リンゴ酢は穀物酢と比べて飲みやすく、効果は同じなのでオススメです。

リンゴ酢ドリンクの作り方&摂取方法

  • 大さじ1杯のリンゴ酢に大さじ5杯の水や炭酸水を加えて混ぜる。
  • これを夕食前に飲みます。

*酢は刺激が強いため、原液のまま飲むと胃を傷めてしまう可能性がありますのでご注意ください。

Sponsered Link

まとめ

睡眠と血糖値は深い関わりがあって相互に作用しているんですね。血糖値の上昇を抑えることはダイエットにも効果がありますし、肥満はさまざまな疾患の原因にもなりますので気をつけたいと思います。

夕食前にリンゴ酢を飲むだけなら、手軽に取り入れられそうです。寝る直前の飲食胃腸の負担にもなりっますし、夕食はできるだけ早めに済ませること、適度に運動することも心がけたいですね。

■溝口徹先生の著書です。

sponsered link


sponsered link


アドセンス関連コンテンツユニット



-健康, ・その原因Xにあり!

Copyright© essence note , 2017 All Rights Reserved.