essence note

ダイエット・健康・料理・グルメ・ライフスタイルなど。気になるコト役立つ情報アレコレ。

ミュゼ

健康 ・ガッテン

ガッテン 血糖値が下がるデルタパワーの効果・運動や食事制限より効く!?

投稿日:2017/02/22 更新日:

血糖値を下げる効果があるという「デルタパワー」についてまとめました。

デルタパワーとは、睡眠中に出る脳波のこと。
運動や食事制限でもなかなか血糖値が下がらない場合にも有効な治療法で、「デルタパワー」を増やす新薬があるそうなんです!
そして、血糖値に深く関わり糖尿病予防にもつながる睡眠のこと、よく眠れるようになる「寝る前の簡単な筋弛緩体操」もあわせてご紹介します。

血糖値が気になる方はぜひ、参考にしてくださいね。

2/22NHK「ガッテン」で放送された内容を元にまとめました。

■ガッテンで紹介された「骨ホルモン」で血糖値を下げる方法
ガッテン 骨ホルモンで血糖値が下がる!1日1分かかと落としで若返り効果!
Sponsered Link

...

熟睡中に出るデルタパワーで血糖値が下がる!

デルタパワーとは?

デルタパワーとは、ぐっすり眠っている時にだけ出る脳波のことで、睡眠の深さをはかる指標にもなるものです。

眠りが深いほど、デルタパワーの数値も高くなるのです。

デルタパワーには、睡眠の質を向上させ、様々な健康効果もあることが研究により明らかになっています。

そして、血糖値を下げる効果もあるということで、
糖尿病治療において、デルタパワーを増やすための新薬が使われているそうなんです。

実はその新薬というのは「睡眠薬」なのです。

実際に、大阪市立大学医学部附属病院ではこの治療が行われていて、糖尿病で睡眠障害がある人がこの新薬を飲んだところ、睡眠障害が改善され、17人中14人が血糖値が改善したそうです。
血糖値の改善とともに、体調もとても良くなったという人も。

 

 

血糖値を下げるには、睡眠の質が大事

血糖値と睡眠の関係

血糖値が上がると交感神経が上がり、デルタパワーが下がるため熟睡できません。
熟睡できないとストレスホルモンが出て、血糖値が上がるという悪循環になります。

従来の睡眠薬との違いは、今までの睡眠薬(GABA受動体作動薬)とは、脳の興奮・活動を抑えるタイプのものでした。

新しい睡眠薬(オレキシン受容体拮抗薬(2014年発売)など)は、脳が出す睡眠ホルモンに働きかけるもので、自然な睡眠を導き、副作用の心配も少ないとのこと。(*医師と相談の上、指示に従って服用してください。)

しっかりと熟睡でき、眠りの質が向上することによってデルタパワーがたっぷり出ると、血糖値が下がるという仕組みです。悪循環と正反対の良いサイクルに変わるのです。

簡単で効果があるので、なかなか血糖値が下がらない人におすすめです。
血糖値が高い人は、ぐっすり眠れていな可能性もあるためです。

実は糖尿病の人は、睡眠障害がある人が多いのに、そのことに自覚症状がない人も多いんだそうです。

気づくポイントは、日中の眠気。1週間ほど記録を取ってみると、熟睡できているかどうか気づくことができます。
1時間を超える昼寝をしてしまうとか、仕事ができないくらいの強い眠気が続くなどの場合は、医師に相談してみてください。

昼寝をたっぷりしてしまっている感覚から「寝すぎている」と思い込みがちですが、実は夜熟睡できず睡眠不足になっている可能性があります。

糖尿病と睡眠の関係について、担当医が詳しくない場合は、睡眠外来を受診すると良いそうです。

__________

★睡眠と健康についての研究から、「清酒酵母GSP6」という成分が「睡眠の質」を改善する効果があることがわかり、すでにサプリメントも出ています。

簡易脳波計を使用した検証により、眠りの深さの指標となる「第1周期デルタパワー値」が、清酒酵母GSP6を摂取したグループでプラセボ摂取(清酒酵母GSP6未摂取)時と比較して、有意に増大することを確認しました。
LION:眠りと健康美容ラボ

糖尿病予防には睡眠時間も大事!

睡眠とインスリン分泌の関係

これまで世界中の研究においては、20代の必要睡眠時間は7時間半であるとされていましたが、実は8時間半必要であるということが最近新たにわかったそうです。

この1時間というのはとても重要で、インスリンの分泌能(膵臓がインスリンを生み出す能力のこと)が、この1時間の間にぐんと上がるため、インスリンの分泌量が増えるのです。
このことは、将来の糖尿病も予防することにつながるため、普段からしっかり睡眠時間を確保することはとても大切です。

”寝だめ”という言葉がありますが、これは実は睡眠不足を解消している状態です。”寝だめ”が3時間以上になってしまうときは、普段の睡眠が足りていない証拠です。

現代人は睡眠時間が減っていて、特に日本人は先進国の中でも2番目に睡眠時間が少ないそうです。
日本人は勤勉なんですね..現代のライフスタイルも影響しているかもしれませんね。

というわけで、糖尿病の予防と改善には、睡眠の質(しっかり熟睡すること!)も、そして時間(8時間半!)も、とても大切なんです。

 

快眠のためのリラックス体操

・質の良い睡眠をとるための筋弛緩法です。
・緊張と弛緩を繰り返すことで血液の循環が良くなってラックスした状態になり、気持ち良く眠れるようになります。
・寝る前に行ってください。

筋弛緩法・やりかた

1・イスに座り、両手をグーにして肘を曲げ、脇を締めます。
2・肩甲骨を寄せ、肩に力を入れます。
3・同時に足を伸ばして持ち上げ、ぐーっと力を入れます。
5・体全体に7割くらいの力を入れた状態で5秒数えます。
4・一気にストンと力を抜き、30秒くらい脱力した状態を感じてください。

軽く目を閉じて2〜3回行います。

末端からじわーっと温まってきます。
寝る前に、リビングなど(寝室以外の場所)で行いましょう。
リラックスした状態で寝室に行くと、スムーズに眠れるそうです。

ぜひやってみてください♪

 

Sponsered Link

まとめ

糖尿病予防&血糖値を下げるためには、デルタパワーがとても有効。
デルタパワーをたくさん出すためには、熟睡すること。
インスリン分泌能を向上させるためには、8時間半睡眠をとること。

やはり良い睡眠は健康のためにとても大事なんですね。

ぐっすり眠れることは様々な健康効果もありますし、血糖値はダイエットにも影響があります。何よりぐっすり眠れると気持ちがいいですよね。

筋弛緩体操をやって、毎日気持ち良く眠ってデルタパワーをたくさん出しましょう♪

 

 

 

sponsered link


sponsered link


アドセンス関連コンテンツユニット



-健康, ・ガッテン

Copyright© essence note , 2017 All Rights Reserved.