essence note

ダイエット・健康・料理・グルメ・ライフスタイルなど。気になるコト役立つ情報アレコレ。

ミュゼ

エンタメ ・関ジャム完全燃SHOW

関ジャム8月20日 次に来る注目アーティスト!鬼龍院翔・いとうせいこうらが本気で選んだ10組

投稿日:2017/08/21 更新日:

音楽業界のクセ者が選んだ次に来るアーティスト

8月20日「関ジャム完全燃SHOW」で放送された
「音楽業界のクセ者が本気で選んだ”次に来るアーティスト10組”」をまとめました。

音楽業界のくせ者6人
・鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)さん
・もふくちゃんこと・福島麻衣子さん(音楽プロデューサー)
・行達也さん(タワーレコードレーベル事業部長)
・いとうせいこうさん(マルチクリエイター)
・大塚智昭さん(新宿LOFT店長)
・遠山大輔さん(グランジ)

がおすすめの注目アーティストを厳選しました。
要チェックです♪

Sponsered Link

...

鬼龍院翔が選んだ、次に来るアーティスト

鬼龍院さんが、バンドマンとして尊敬し憧れる存在という”新時代のおふざけバンド”を2組紹介してくれました。

オメでたい頭でなにより ♪ダルマさんは転ばないっ

ボーカルは両声類!?
3つの声を操るバンド

2016年に活動を開始したインディーズバンドで、
コンセプトは、底抜けに自由でおめでたいバンド。

注目は、ボーカル・赤飯さんの声。
彼は、ネット業界ではすでに有名で、かつてニコニコ動画で両声類のボーカルとして活躍。

イケメンな男声、女声、さらにデスボイスを使い分けて歌います。
大塚愛の「さくらんぼ」を歌っている動画では、完全に女性と間違えるほど可愛い声!

●鬼龍院氏コメント
おふざけバンドは、「どこまでふざけるか」の加減が難しい。
ボーカルの赤飯さんは、もともとネットの住人なのでその辺の加減がしっかりわかっている。
バンドとしてのレベルが非常に高いのに、絶妙な加減でおふざけする彼らは、ゴールデンボンバーにとって怖い存在です。

本当に楽しそうな彼らをみていると、「バンドってこうあるべきだよな。」と感じます!
バンドのメンバーが一丸となってふざけているので、見ていても本当に楽しい。

ゴールデンボンバー的には、「そこそこのブレイク」でいてほしい。

#すごい独創的!
ふざけているようでちゃんと深い歌詞、綺麗な声、魅力的!

 

忘れらんねえよ ♪バンドやろうぜ


負け続けるのにカッコイイ!Mステにぜひ出演してほしいバンド

2011年にメジャーデビューした男性2人組ロックバンド

注目は、売れないバンドマンの葛藤を描いた「バンドやろうぜ」の歌詞

”〜音楽だけじゃ食べていけないから
今夜もバイトのまかない食べている
あいつのバンドがMステに出てるから
今夜もテレビつけられないでいる
なんという なんという素晴らしい日々だ〜”

●鬼龍院氏コメント
バンドマンは基本カッコつけが多いので、
情けない歌詞を書いても、どこかスカした歌詞になってしまいます。
この歌詞は、バンドマンの心情を正直に書いていて、バンドマンの僕にとってすごく斬新でした。

ミュージックビデオが、彼らを応援するファンやアーティストたちのパフォーマンスで紡がれているのも憎い演出です。

2人がMステに出演したら、どんな歌詞を書くのか期待しています!

そのほかにも、
寝てらんねえよ」という曲では

”〜後輩のバンド
きゃりーぱみゅぱみゅにつぶかれた
俺のこともつぶやいて
お願いします〜”

など、嫉妬心まるだしのストレートな歌詞も。

 

#思わず笑ってしまうけど、ちょっと切なくもあり。
たくさんの人を繋いで構成されたMVが良いですね!
聞いていて、見ていて元気もらえます。

 

もふくちゃんが選んだ、次に来るアーティスト

Satellite Young ♪Dividual Heart

80年代を現代に進化!
歌謡エレクトロユニット

2013年に結成した歌謡エレクトロユニット
草野絵美・ベルメゾン関根・テレビデオの3人組

コンセプトは、80年代のアイドル歌謡。
ボーカルの草野絵美さんが、作詞・作曲・プロデュースをこなし、80年代アイドル歌謡を現代風にアレンジ。
なんと草野絵美さんは、某大手広告代理店に勤務しながらカメラマンとしても活躍中。
1990年生まれで、憧れのアーティストは松田聖子さん、森高千里さんだそうです。

●もふくちゃんコメント
80年代を徹底しながら、歌詞にSNSなど現代のワードを取り入れ、新しい音楽に進化させています。
日本ではまだ無名ですが、アメリカの大型イベントに招待されるなど、海外の人たちが彼女たちの面白さに気づき始めています。
ピコ太郎さんに続く大ブレイクもあるかもしれません。

 

タワーレコード・行達也が選んだ、次に来るアーティスト

今後、CDが絶対売れる!と確信しているアーティストを2組ご紹介。

THE CHARM PARK ♪そら

アメリカ人だから作れるJ-POP
日本を愛するシンガーソングライター

2015年にメジャーデビューしたシンガーソングライター。

韓国生まれ、アメリカ育ちの29歳のアメリカ人。
小学生の時にX JAPANと出会いJ-POPにハマり、2010年に来日し音楽活動を開始。

注目は、アメリカ人が書く「日本語歌詞の響き」

●行氏コメント
日本語は音に乗せにくいと言われますが、
アメリカ人である彼が日本語で歌詞を書くことで、不思議な響きを聴かせてくれます。
彼の美しい歌声は、邦楽や洋楽の仕切りを取っ払い、J-POPが進化する可能性を感じさせてくれます。

 

緑黄色社会 ♪始まりの歌

女子中高生からの圧倒的な支持!
愛知発の男女混成4人組バンド

2017年インディーズデビュー。
平均年齢21歳の男女混成バンド。

2013年「10代限定ロックフェス・閃光ライオット」で3000組の中から準グランプリを獲得。
ベースの穴見真吾さんは当時15歳。

ボーカルの長屋晴子さんのビジュアルと歌声が、女子中高生から圧倒的な支持を得ている。

●行氏コメント
ボーカルの長屋晴子さんは、か細いルックスからは想像できないほどエモーショナル。
CDで聞くよりもライブの方が圧倒的なパワーを持っていて、
まるで漫画の「NANA」に出てくる
「女性が憧れるかっこいい女性」をリアルにしたような存在感。

とにかく音楽が好きで素直な良い子たち。
女子中高生が憧れるのも納得です。

 

いとうせいこうが選んだ、次に来るアーティスト

いとうせいこうさん自らライブに通うほど
イケてると思っているという、
ブレイク直前の実力派2組をご紹介。

THE BASSONS ♪ウダウダ

カッコイイとはこういうこと。
「間のファンク」を体現するバンド。

2015年、フリースタイルラッパー牽引者のDARTHREIDERを中心に結成された、ファンク・メタル・ロックバンド。

海藻姉妹 ♪ユーラシア超特急

サックスと鍵盤楽器のインストバンド。

注目は、ずば抜けた演奏力と緻密な編曲力。

 

グランジ・遠山大輔が選んだ、次に来るアーティスト

NakamuraEmi ♪メジャーデビュー

33歳でメジャーデビューしたシンガーソングライター。

注目は、デビューへの葛藤を歌った「メジャーデビュー」と言う曲のリアルな歌詞。
他人には見せたくないような赤裸々な日記をそのまま歌詞にしているそう。

もともと「誰かを感動させたい」と言う思いで曲作りをしていたが、
交際していた男性の影響でヒップホップを聴くようになり、
音楽の自由さに感銘を受け、リアルな世界に目覚めたそうです。
今までとは世界観がゴロッと変わり現在のスタイルに。

 

ReN ♪Life Saver

ギター1本でバンドのようなサウンド
カーレーサーから転身した異色の超新星。

元々カーレーサーで、そのかたわら音楽活動を始めるも、2015年に怪我でレーサーを引退。
同年、本格的に音楽活動に専念。
102本のライブに立ち、フジロックフェスティバルにも出演した異色の超新星。
ライブでは、演奏した音をその場で録音し繰り返し再生できる機械を使い一人多重演奏をしている。

●遠山氏コメント
録音する作業が言われなければわからないほど、自然に曲の一部になっている。
天才とはまさに彼のことを言うのだと思います!

 

新宿LOFT店長・大塚智昭が選んだ、次来るアーティスト

イギリス人 ♪西巣鴨三丁目の夕日

6人組のパンクバンド

紛らわしいバンド名ですが、日本人。
歌詞も日本語。
活動の拠点は巣鴨。

●大塚氏コメント
見た目は強面だが、ライブでは優しいMCが炸裂というギャップ。
泥臭いけど人に優しいパンクで、全年代に通じる魅力を持っている。

♪一番好きな人に花をあげました
もおすすめ。

 

#強面というか...コミックバンドみたい。笑
温かい人柄が伝わる率直な表現の歌詞が良い。
一度聞いただけで好きになりました。

 

Sponsered Link

まとめ

音楽にも様々な表現方法があるものですよね。
唯一無二の感性を音楽で表現できる才能というのはすごいなあと思います。

今後の活躍に注目ですね!

関ジャム 2017上半期ベスト5!蔦谷・いしわたり・tofubeatsが本気で選んだ名曲ランキング

 

sponsered link


sponsered link


アドセンス関連コンテンツユニット



-エンタメ, ・関ジャム完全燃SHOW

Copyright© essence note , 2017 All Rights Reserved.