essence note

ダイエット・健康・料理・グルメ・ライフスタイルなど。気になるコト役立つ情報アレコレ。

ミュゼ

美容

【要注意!老け顔の原因】あなたは大丈夫?おばさん顔を作る10のNG習慣

投稿日:

老け顔を作るNG習慣

人は誰しも老化は避けられないものですが、最小限に遅らせることは可能です。

5年後、10年後に差が出るとしたら?
できればいつまでも若々しく綺麗でいたいですよね。

老け顔と若々しさの分かれ道は、日常生活の中にあります。

もしかしたら、あなたもやってしまっているかもしれない「老け顔習慣」。
美は1日にしてならず。
老け顔も、日々の習慣で作られていきます。

意外な習慣や癖が、おばさん顔の原因になっていることもあります。

スキンケアは頑張ってるのに、残念な習慣があると効果半減かもしれません。
「おばさん顔」を作るNG習慣、ぜひチェックしてみて下さい。

Sponsered Link

...

おばさん顔「老け顔」を作るNG習慣

老け顔の最大の原因はたるみ。
これは、筋肉の衰えによるものです。
筋肉は使わないと衰え、また歪みもしわやたるみの原因になります。

できるだけ筋肉を使うこと、歪みが生じないようにすることがポイント。

癖になっていると気づきにくい場合もありますので要注意です。
改善し、逆をやれば老化予防になるということなので、ぜひ意識してみてください。

 

不機嫌なことが多い

イライラすることが多く、常にストレスを感じていたり、気がつくと眉間にシワを寄せていることはありませんか?

そういえば最近あんまり笑ってないなぁーとか。

不機嫌な表情は、口角が下がり一気に老け顔に。

そんなに日々楽しいことばかりあるわけない...かもしれませんが、そんな時でも笑顔の練習(作り笑顔)でも良いので、顔の筋肉を動かすようにしてみましょう。

口角を上げるだけでも、筋肉が緩み、脳への刺激にもなり、気持ちが軽く表情も柔らかくなります。

朝顔を洗う時や、トイレに行った時などに、鏡を見てニコッとしてみてはいかがでしょう。

疲れ顔にサヨウナラ!表情筋を鍛える簡単で効果的な2つの方法

 

早食いであまり噛まずに食べる

忙しいと食事もついつい早食いになってしまうこともあると思いますが、
食べ物をあまり噛まず早食いグセのある人は、顔の筋肉があまり使えていません。

また、いつも片側ばかりでかむと、筋肉の発達にも左右差が生じて顔が歪む原因にもなります。

食事は筋肉を鍛える絶好のチャンスです。
ぜひゆっくりとよく噛んで、左右同じように使って食べるように意識しましょう。

よく噛んで食べることは脳の刺激(=老化予防)、食べ過ぎを防ぐなどのメリットもありますので、ぜひ習慣にすると良いですね。

 

よく頬づえをついている

頰づえ、やってしまいますよね。

頬づえの姿勢は、実は顔の片側に頭の重みがダイレクトにかかってしまっています。
これが癖になっていると、顔や体のバランスが崩れ歪みの原因にもなります。

姿勢も悪くなるので、頬づえは極力しないようにしましょう。

 

常にスマホを見ている

いつも俯いてスマホばかり見ていたり、同じ側の耳で電話を受けていませんか?

下ばかり見ていると、顔や首の筋肉がたるみます。

また、いつも同じ側で電話を取るというのも、筋肉の使い方に偏りが生じ、姿勢が歪む原因にもなります。

両方の筋肉をバランスよく使うよう意識しましょう。

 

バッグをいつも同じ側にかけている。

バッグをいつも同じ側の肩にかける人は多いのではないでしょうか。

顔とは関係ないように思いますが、実は顔のたるみは、肩の位置のズレにも影響を及ぼします。
いつも同じ側の肩にばかりバッグをかけていると、首からのつながりで顔にも負担がかかり、たるみにつながるのです。

左右バランスよく持つように心がけましょう。

私も必ずいつも効き手の方の肩にバッグをかけます。
そうしないと気持ち悪いというか、歩き方が変になるんですよね。^^;
これは改善しなければと思います。

 

いつも足を組んで座る

椅子やソファに座るとき、必ず足を組む癖がある人も多いですよね。

骨盤は背骨を通じて頭の骨とつながっていますので、
足を組むと骨盤がずれ、顔がむくむ原因にもなります。

足を組んで座ると、骨盤の歪みから姿勢の歪みが生じ、健康にもデメリットが多々あります。
ぜひ改めたてほしい習慣ですね。

 

上目づかいをする癖がある。

パソコンやテレビなど、無意識に上目づかいになる人も多いようです。

上目づかいをすると、おでこのシワの原因になります。
癖は自分では気づきにくいものですので要注意です。

 

テレビを見ながらスキンケアをしている

ながら作業は筋肉が歪む原因にもなりますし、自分の顔の状態に注意を向けず適当に済ませてしまうのは、やはり良くありません。

鏡にまっすぐ向かい、自分の顔としっかり向き合いましょう。

実は、私もこれよくやってます。
立ったまま、歩きながらやってます。適当すぎ。笑
ズボラしないで、ちゃんとやらなくちゃ^^;

 

ほとんど運動をしない

体の様々な筋肉は顔の筋肉とも繋がっていますので、やはりバランスよく筋肉を使うことが大事です。
適度な運動は、新陳代謝を活発にします。

 

便秘が3日以上続くことが多い

やはり腸内環境が良くないと、血の巡りが悪くなり、肌の新陳代謝も滞り、くすみやたるみなどの肌の老化の原因になります。

規則正しい食生活と、できるだけ食物繊維や発酵食品を摂るようにしましょう。

金スマ 腸活!便秘解消法・エクササイズのやり方!小倉優子やざわちんも10日間でスッキリ!

 

また、すべてのことにつながりますが、
・メイクを落とさずに寝ることがある
・いつもシャワーだけで済ませる
・ストレスや疲れが溜まっている
・睡眠不足が続いている
といったことも、老け顔を作るNG習慣ですね。

 

Sponsered Link

キレイは日常生活から作られる

いかがでしょうか。
当てはまる項目が多いほど、「おばさん顔」になっている可能性大です。

私は、やってしまってることが結構たくさんありました☆

老化現象は完全に止めることはできませんが
日常生活を意識すれば、老化は大幅に遅らせ若々しさを維持していくことはできます。

顔の筋肉は体のいろいろな部分ともつながっているので、体の健康を保つことが顔の老化予防にもなります。

日々の生活習慣を見直し、表情や姿勢の悪い癖を正して筋肉をバランスよく使うように心がけることで、アンチエイジングにつながるんですね。

あわせて顔層筋マッサージ顔筋トレなども行うと良いですね!

ぜひ意識してみてください。

sponsered link


sponsered link


アドセンス関連コンテンツユニット



-美容

Copyright© essence note , 2017 All Rights Reserved.