エクササイズ ダイエット 健康

スロージョギング初心者の外ランデビュー♪感想&筋肉痛のこと

更新日:

新しいランニングシューズを試してみたくて、早速走りに行ってきました。

お天気も良く暖かい日だったので、外ランデビューです♪

今まで寒い冬はできるだけ外出を控え、冬眠中のくまのようにじっと家の中で過ごすことにしていた私が、この真冬に外へ走りに行くなんて、ほんまに信じられません(笑)。

今は、新しい靴のおかげでやる気マックスな状態です。いつまで続くかわかりませんが、とりあえず外ランデビューの感想や筋肉痛の事などを記しておこうと思います。

Sponsered Link

防寒対策万全にして出発♪

外ランデビュー!と言いつつも、やっぱり買い物や所用を一緒に済ませてしまおうとするあたり...まだまだ本気度が足りないのかも?

トレーニングウエアは持ってないので、とりあえずスウェットパンツと長袖Tシャツに、ロングダウンジャケットを着込み、ネックウォーマー&ニット帽といういでたちです(笑)。寒いの苦手なんです。

とにかく、寒さ対策を万全にして出かけました。

新しいシューズは快適!モチベーション上がる♪

靴の履き心地はバッチリ。お気に入りの靴だとモチベーションも違います。とても軽くて、足の付け根で着地するのも無理なくできます。フォアフット(足の指の付け根)で着地して走るフォームだと、確かに足からの衝撃が少なく良い感じです。

■シューズはコレ↓

■シューズ選びの詳細をこちらの記事に書いていますので、よかったら読んでみてください。
スロージョギング初心者のシューズ選び♪インソールでパフォーマンスUP!

が、実際外を走ってみると、家の中で走るのとはやや勝手が違いました。やはり硬いアスファルトの上だったり、でこぼこしていたり、傾斜や坂があったりと、足にかかる負担が違うなーと感じました。

家の中は障害物も傾斜も無いし、狭いのでほぼ足踏みするくらいの感じになります。靴も履かないので足の自由度も違うので当然かもしれません。

少し気になりながらも走り続けていると、少し慣れたかな?という感じ。

 

ゆっくりニコニコペースでお散歩気分

そして、ニコニコペースで走るスロージョギング。外で走ってみて良くわかったのですが、本当にゆっくりです。

歩いているおじさんに普通に追い越されました。前の方を歩いている女子高生の姿もだんだん遠くなっていきました(笑)。

小さな花が咲いていたり、周りの景色をゆっくり眺めながら走れて楽しかったです。寄り道をしたり、時々歩いたりしながら40分ほど走りました。

いいお天気。柿が豊作(笑)。渋柿っぽいですね。

紅葉の名残とか。

珍しい花(?)が咲いてたり。

寒くても意外と色々な花が咲いてるんだなーと気づいたり。▲ルリマツリ。繊細そうだけど寒さに強い花なんですね。

つい花を撮ることに夢中になってしまったり。▲ウキツリボク。

かなりゆっくりペースなので、体は全然つらくありませんでした。むしろ余裕(笑)。

 

アプリでアクティビティを計測

Runkeeper」というアプリを使って、アクティビティを計測してみました。

・晴れ時々曇り ・気温9℃ ・湿度63% ・風2km/時(北東)
・距離3.6km ・時間40:50 ・11:20分/km  ・144kcal

3.6kmを40分かけて歩いたんですね。(いや、走ったんだった(笑))。消費カロリー144kcalだそうです。

途中何度も立ち止まって写真を撮ったり、寄り道したり、その都度アプリを一時停止したりしなかったりもしているので、あまり参考にならないとは思いますが...。一応記録として。

 

Sponsered Link

筋肉痛の原因と対策

外ランデビューの翌日、ふくらはぎ〜甲部分が筋肉痛になりました。

スロージョギングのフットフォア走法は、普通の走り方(かかと着地)以上にふくらはぎとアキレス腱の筋肉を使うため、やはり筋肉痛になることはあるそうです。

普段運動不足だから当然?とも言えますが、走り方に原因がある場合も考えられます。

■筋肉痛の考えられる原因

  • 準備体操をしていない。
  • 正しいフォームで走れていない。・つま先で蹴って走っている・歩幅や姿勢が正しくないなど。→筋肉に余計な負担がかかってしまう。

■対処法

柔軟体操やストレッチをして十分に体を温めてから走る事が大事
気軽に構えていた事もあり、何もせずそのまま走ってしまいました。私のように初心者にありがちのようですが、準備体操やストレッチを全くせずにいきなり走るというのはNGなんですね。ちゃんとウォーミングアップしないと怪我の誘因にもなったりします。ウォーミングアップは大事。

・足踏みしながら走るイメージで。
やはり最初は、なかなか走り方のコツがつかめず、つま先で地面を蹴って走ってしまっている場合があるようです。スロージョギングの走法は、地面を蹴らずに押すようなイメージです。その場で足踏みをし、体を前傾にして足をそのまま自然に踏み出す感じにしてみるのがコツ。もともとスロージョギングは歩幅を小さくゆっくりなので、足踏みしながら走るくらいの感覚で良いんですね。

・姿勢良く、歩幅は1/2で。
猫背になっていたり、歩幅が大きいと、やはり余計な負担がかかり筋肉痛になりやすいそうです。しっかりと背筋を伸ばし前方を見て、足踏みするくらいのイメージで歩幅を小さく、です。

 

やはり若干違和感を感じたのは、ちゃんと正しいフォームで走れていなかったのかもしれません。きちんと準備体操をして、正しいフォームで走るのが大事なんですね。

そして疲れたら休息を取り、クールダウン&マッサージなどをしてできるだけ疲れが残らないようにケアすることも大事ですね。

 

感想&まとめ

  • 戸外を走るのは、気持ち良いし楽しい。
  • お気に入りのシューズはモチベーション上がる。
  • やっぱりシューズは大事。
  • 歩いているおじさんに抜かされた。
  • 冬でもいろんな花が咲いているのを発見♪
  • ウォーミングアップ&アフターケアも大事。
  • 買い物のついでに行くのは良くない。
  • 厚着し過ぎも良くない。
  • トレーニングウエアが欲しい(笑)。

外ランデビューは楽しかったです!

スロージョギングは、ほんとうにゆっくりでお散歩気分でできました。楽しかったので、続けられそうな予感です。

 

 

Sponsered Link




-エクササイズ, ダイエット, 健康

Copyright© essence note , 2019 All Rights Reserved.