断捨離すべきもの

さらにスッキリ!無くても困らない断捨離すべきもの・まだまだありました!

あなたが断捨離をする理由はなんですか? 私は、もっと快適に暮らしたいと思うからです。 「捨てる」ことが目的というわけではなく、本当に必要なもの・お気に入りのものたちと暮らしたい。 ものが減ると、空間ができ、家事も暮らしもシンプルになることで迷う時間が減り、気持ちにもゆとりが生まれます。 「今の自分・家族」を基準にして、「暮らしやすさ」「快適さ」にポイントを置き さらに固定観念を捨て柔軟に考えると、もっとラクにシンプルにできてしまうこともあるのではないでしょうか。 そんな感じで日々断捨離していくと、以前は気 ...

ReadMore

にしかわ体操のやり方・3分間で脳と体を同時に鍛えて若返り

にしかわ体操のやり方・タオル&指を使って 3分間で脳と体を同時に鍛えて若返り効果! ソレダメ

3分間で脳と筋肉を同時に鍛えるエクササイズ「にしかわ体操(西川体操)」のやり方をご紹介します。 脳と体を同時に動かすことで脳も体も若返り、認知症や腰痛予防、転倒防止などに効果が期待できるとのこと。 運動経験や年齢問わず誰でも簡単にできるものですので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。 情報元:11月8日・6月13日「ソレダメ!」 contents1 にしかわ体操(西川体操)とは?2 タオルを使った にしかわ体操のやり方3 指を使った にしかわ体操のやり方4 ラジオ体操の参考動画5 まとめ にしかわ体 ...

ReadMore

びわこ箱館山ゆり園

【びわこ箱館山ゆり園】見頃や詳細情報・夏のお出かけにおすすめ!眺望抜群のゆり畑はまるで天国♪

滋賀県高島市「びわこ箱館山ゆり園」の見頃やアクセスなどの詳細情報と 園内の様子を写真たっぷりでご紹介します。 咲き誇るカラフルな百合の花々と琵琶湖が見渡せる眺望抜群のロケーション! 思わずここは天国か?と思ってしまうほどです。 インスタ映えも間違いなし! 標高が高いので真夏でも涼しく 夏のお出かけにもおすすめです。 百合を見て楽しむだけではなく、お子様連れのファミリーでも楽しめるような乗り物やキッズ広場などの施設もあったり、ペット同伴でも楽しめるようになっています。 夏のお出かけ候補にぜひ参考にしてみてく ...

ReadMore

壁スクワット&巻きタオルで姿勢改善

ビビット 壁スクワット&巻きタオルで簡単に姿勢改善!名医も実践

6月8日「ビビット」で放送された 名医も実践しているという簡単な姿勢改善法についてまとめました。 タオル1本を使ってできる簡単な姿勢改善方法と壁スクワットのやり方をご紹介します。 毎日意識するだけで姿勢が改善され、肩こりや腰痛の予防改善だけでなく、顔のたるみや全身の老化予防にも役立ちます。 デスクワークが多く1日中座りっぱなしの人や肩こりがひどく悩んでいる人にもおすすめです。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 教えてくれたのは、北里大学教授・高平先生 contents1 悪い姿勢・あなたはゴリラタイプ?亀タ ...

ReadMore

おさよさん流収納術・カビ対策

【スッキリ おさよさん収納術】衣替え&カビ対策・かさばる衣類や靴の収納方法など

今回は、おさよさん流・カビ対策にポイントを置いた衣替え時期のアイデア収納術をご紹介します。 オフシーズンの靴や大切なバッグ、大量の衣類やかさばる冬物のアウター(ダウンコートなど)の簡単な収納方法です。 カビ対策をきちんとして、また次のシーズンに気持ちよく使えるようにしておきたいですよね。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 5月31日「スッキリ」で放送された内容を元にまとめました。 contents1 オフシーズンの靴のカビ対策&収納方法2 バッグ・かばん類のカビ対策&収納方法3 衣替えした衣類の収納方法4 ...

ReadMore

ベジブロスの作り方

美肌効果!ベジブロスの作り方とポイント&活用レシピ!野菜クズのスープで野菜ジュース100倍の栄養!ビビット

美肌や健康に良く、お料理に使っても美味しいベジブロスの基本の作り方と、ベジブロスのアレンレシピ・味噌汁、カレー、ピクルス、煮浸しの作り方をご紹介します。 ベジブロス(VEG BROTH)は、野菜(VEGETABLE)のヘタや皮、種、切りくずなど、通常お料理には使わずに捨ててしまう部分を使って作る出汁(BROTH)のことです。 特別に材料を用意する必要がなく、野菜を無駄なく使えて経済的ですし、そのスープの栄養価はなんと通常の野菜ジュースの100倍にもなるそうです。 美肌効果も高いと言われていますので女性には ...

ReadMore

超簡単スクワットのやり方

金スマ小林弘幸先生の超簡単スクワットのやり方・1日10回でOK!ダイエット&便秘改善にも効果!

4月20日「金スマ」で放送された、順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生おすすめの「超かんたんスクワットのやり方」をご紹介します。 どんな世代の人にもできるとてもかんたんなスクワットで、1日たった10回でOK! 1週間ごとに少しずつステップアップしていく4つのスクワットメニューを続けることで、1ヶ月で筋肉量が増え、変化が感じられるようになるそうです。 実際やってみましたが本当に簡単です! 健康維持はもちろん、ダイエットや便秘にお悩みの人にもおすすめ! ぜひ挑戦してみてくださいね。   content ...

ReadMore

40代アラフォー大人メイク術!アイメイク・チーク&口紅で10歳若見え

あさイチ 40代メーク更年期対策!アイメイク・チーク&口紅で10歳若見え!

4月12日NHK「あさイチ」で放送された、「メイク更年期対策講座・40代50代からの大人メイク術・10歳若返るアイメイク・チーク&リップメイク(口紅)のやり方」をご紹介します。 大人メークの基本は、白・黒・赤のメリハリが大事。 「白」で陰を消し、黒で引き締め、赤で色をプラスします。 前回は白(ベースメイク)のやり方でした。 今回は黒(アイメイク)と赤(チークと口紅)のメイク方法です。 40代、50代は”メイク更年期”とも言われ、今の自分に似合うメイクがわからないと言った悩みをお持ちの女性が多いようです。 ...

ReadMore

アラフォーのベースメイク術・ファンデーションとコンシーラーの使い方&選び方

あさイチ 40代メーク更年期対策!ベースメイクでくすみやシワ解消・コンシーラー&ファンデーションの選び方と使い方

4月10日NHK「あさイチ」で放送された「アラフォー世代からのメイク更年期対策法」をご紹介します。 40代・50代からの大人メイクのテクニックで 年齢とともに気になるくすみやたるみ・ほうれい線をコンシーラーを使ってカバーする方法、 肌を明るく見せるベースメイク・ファンデーションの選び方や塗り方など! 気になるところを隠そうと塗り重ねるのではなく、ちょっとしたテクニックで光の反射を生かし、さりげなくカバーすることができます。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 教えてくれたのは 人気のメイクアップアーティスト・ ...

ReadMore

ストウブ鍋で発芽玄米の炊き方

ストウブ鍋で発芽玄米ごはんの炊き方・美味しさも栄養価もアップ!価格比較&おすすめも

ストウブ鍋で炊く発芽玄米ごはんのレシピをご紹介します。 発芽玄米ってなんだかちょっと難しい?とハードルが高そうに思えますが、実はとっても簡単です。 炊き方は白米と同じ。 発芽玄米は発芽させる過程で水を含んでいるので、浸水時間も不要。 むしろ白米より簡単なんです。 その上、玄米より栄養価もアップ!食べやすく美味しいのでおすすめです。 健康的なダイエット生活のためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。   contents1 発芽玄米とは?2 発芽玄米を買ってみました3 ストウブ鍋で発芽玄米の炊き方・ ...

ReadMore

健康 料理

美肌効果!ベジブロスの作り方とポイント&活用レシピ!野菜クズのスープで野菜ジュース100倍の栄養!ビビット

更新日:

ベジブロスの作り方
Sponsered Link

美肌や健康に良く、お料理に使っても美味しいベジブロスの基本の作り方と、ベジブロスのアレンレシピ・味噌汁、カレー、ピクルス、煮浸しの作り方をご紹介します。

ベジブロス(VEG BROTH)は、野菜(VEGETABLE)のヘタや皮、種、切りくずなど、通常お料理には使わずに捨ててしまう部分を使って作る出汁(BROTH)のことです。

特別に材料を用意する必要がなく、野菜を無駄なく使えて経済的ですし、そのスープの栄養価はなんと通常の野菜ジュースの100倍にもなるそうです。

美肌効果も高いと言われていますので女性にはとても嬉しいですよね。

しかもいつものお料理がぐんと美味しくグレードアップ!

作り方は簡単、特別な用意も必要ありません。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsered Link

野菜のファイトケミカルの効果がすごい

野菜に含まれるファイトケミカルは強い抗酸化作用の成分で、老化予防・美肌効果・免疫力アップなど体の調子を整えてくれる効果が絶大。

実はフィトケミカルは野菜のヘタや皮・種・切りくずなどに多く含まれているんです。

野菜や果物をそのまま食べても栄養素を摂取することはできますが、栄養素が多く含まれる野菜クズなどを弱火で煮こむことで、フィトケミカルをしっかりと抽出することができ、効率良く摂取できるんです。

ベジブロスは野菜のまろやかな甘みとうまみがあり、とても滋味深い味わい。

そのままでも美味しいスープにできますし、味噌汁の出汁の代わりに使ったり、いろいろなお料理に使うことでお料理がぐんと美味しくなります。

美味しさと栄養素を余すことなく享受できるのでまさに一石二鳥。

捨ててしまってはもったいない!使わない手はないですよね。

ベジブロスの作り方・ポイント&レシピ

ベジブロスの材料 約1L分

  • 野菜くず 両手1杯分くらい(200〜250g程度)
    *野菜はできるだけ色々な種類があった方が旨みも栄養素も多くとれます。
  • 水 1200ml
  • 酒 小さじ1
    *酒を少量加えることで、野菜の臭みを消し旨みを引き出す効果があります。

ベジブロスの作り方・手順

  1. 大きめの鍋に分量の水と野菜の切れ端、小さじ1のお酒を入れます。
  2. 弱火で20〜30分煮こみます。
    ★弱火でコトコト煮るのがポイントです。
    ★可能であれば、一旦粗熱をとって再度弱火で10分ほど煮込むと より濃厚な出汁になります。
  3. 火を止め、ボウルにザルを重ねて野菜を濾したら完成。

★冷蔵庫で3日・冷凍庫で1ヶ月ほど保存可能。

 

ポイント

●好みの野菜、季節の野菜でOK

<基本となる野菜>

  • たまねぎの皮・へた
  • ねぎの青い部分
  • セロリ
  • パセリの軸
  • にんじんのヘタ

これに旬の野菜をプラスするのがベスト。

そのほか
・トマトのヘタ
・とうもろこしの芯
・枝豆のサヤ
・じゃがいもの皮
・りんごの芯
なども使えます。

 

●野菜はきれいに洗って使いましょう。

 

●野菜くずは冷凍したものを使うのがおすすめ。

生のまま使ってももちろんOKですが、冷凍することで細胞壁が壊れて栄養やうまみが溶け出しやすくなります。

1日では材料が足りない、忙しくて作れないというときなども保存袋に入れて冷凍保存しておいて使うようにすると良いですね。

 

●出来上がったベジブロスは、冷蔵で3日・冷凍で1ヶ月ほど保存可能

保存袋に入れ平らにした状態で冷凍しておけば、小分けで使えて便利です。

 

Sponsered Link

ベジブロスのアレンジレシピ

ベジブロスを加えることでいつものお料理がグレードアップ。

お店で食べるような美味しさに!

煮込み料理や和食の出汁の代わりなど、和洋問わず幅広く使えます。

ベジブロス味噌汁

野菜の甘みとうまみのあるとても滋味深い美味しいお味噌汁が作れます。
具材の野菜はお好みでOK!

材料

  • 野菜(キャベツ・にんじん・たまねぎなど)
  • ベジブロス 2カップ
  • 味噌 大さじ1

作り方

  1. 小鍋にベジブロスを煮立たせ、野菜を加える。
  2. 野菜が柔らかくなったら、火を止めて味噌を溶く。

 

ベジブロスカレー

市販のルーで旨みたっぷりのコクのあるカレーに仕上がります。

材料

  • 具材(にんじん・たまねぎ・じゃがいも・牛肉などお好みで)適量
  • 市販のカレールー 適量
  • ベジブロス 適量 ★水の代わりに使います。

作り方

  1. カレールーの箱に表記されているレシピを参考にして作ります。
  2. ベジブロスにうま味がしっかりあるため、カレールーの分量は1個減らすと良いです。好みで調整してみてください。

 

ベジブロス煮浸し

ベジブロスを使うことで、調味料は少量でも味わい深くまろやかな甘みの感じられる一品に。

材料

  • ほうれん草・油揚げ(好みの具材でOK) 適量
  • ベジブロス 1/4カップ
  • しょうゆ・みりん 各小さじ1

作り方

  1. ほうれん草、油揚げは食べやすい大きさに切ります。
  2. 鍋に調味料、ベジブロスを入れて火にかけます。
  3. 沸騰したら、切った具材を加え1分ほど煮たら火を止め、冷ましたら完成。

ベジブロスピクルス

野菜のまろやかな出汁によりマイルドな美味しいピクルスに仕上がります。

3日間ほど保存可能。
味が馴染むほど美味しくなります。

材料

  • 好みの野菜(大根、きゅうり、にんじんなど)適量
  • ベジブロス 1カップ
  • 酢 1/2カップ
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 小さじ1

作り方

  1. 野菜は1cm角×5cm長さくらいの食べやすい大きさに切ります。
  2. 保存容器にベジブロスと調味料を入れてよく混ぜ合わせます。
  3. 2に野菜を加え、冷蔵庫で一晩漬けおきます。
Sponsered Link

まとめ

わざわざ特別な材料を用意するのではなく、お料理のついでにできるのが主婦にとってはとても嬉しいですよね。

毎日の料理を作る中で野菜の切りくずって必ず出るものですし、それを捨ててしまわずに無駄なく使えて栄養が取れ お料理も美味しくできるなんて素晴らしいですね。

私はお味噌汁を作るときは、その具材で使う野菜の切りくずを使って出汁をとるようにしていますが、それだけでも野菜の出汁が出ておいしいです。

野菜くずは冷凍しておく方がより美味しくできるので、冷凍保存である程度ためておくのも良いですね。

今後はもっと活用したいと思います♪

 

Sponsered Link


Sponsered Link




-健康, 料理

Copyright© essence note , 2018 All Rights Reserved.