あさイチ シャツの黄ばみ落とし・洗濯方法&アイロンのかけ方!

   

...

3月21日NHK「あさイチ」で放送された「黄ばんだシャツを綺麗にする方法、汗染みを落とす洗濯の仕方」「アイロンのかけ方」をご紹介します。

Sponsered Link

シャツの黄ばみ落とし・部分汚れの洗濯方法

・首回りや袖口などの部分汚れがある場合は、まず部分汚れを洗います。

・全体の黄ばみを落としには、粉末漂白剤(酸素系漂白剤)を使います。粉末漂白剤には過炭酸ナトリウムが入っていて、色素を破壊する力が強く、漂白力が強いのです。黄ばみや消臭にも効果を発揮します。

1・40度くらいのお湯で濡らし、汚れ部分に固形石鹸をこすりつけて歯ブラシなどを使って汚れをこすり落とします。

2・40度のお湯に粉末漂白剤を溶かし、濡らした服を漬け込みます。(村を防ぐため、あらかじめシャツ全体を濡らしてから漬け込みます。)

3・ムラを防ぐため、10分に1度くらいかき回します。

4・1時間ほどつけ置きし、洗濯機ですすぎ洗いし脱水します。

★シルクやウールなどの動物性の繊維や、金具がついたものは使用不可。

★ポリエステルを多く含む生地は、一度黒ずんでしまうと落ちにくいため、部分洗いなど日々のお手入れをきちんと行うことが大事です。

Sponsered Link

アイロンのかけ方

アイロンが苦手でもピカピカにできる技です。

アイロンをかけるときは、アイロンをかけた部分に手が当たりシワになるのを防ぐため、アイロンをかける部分は手前においてアイロンをかけます。
かける順番は、襟→袖→後ろ身頃→前身頃の順番にかけます。

1・襟

ポイントは、襟と台襟を別々にかけること。
襟と台襟の向きは微妙にカーブが違うので、一緒にアイロンをかけるとどうしてもシワになってしまいます。

まずは台襟から。シャツの内側を下にして、
台襟部分をアイロン台のふちの部分におきます。
アイロンの先端を使って一往復。
次に、襟の端を引っ張るようにして、襟部分も一往復します。
裏返して、同様に台襟部分を一往復。
襟の表になる部分は、一番気をつかう場所です。しわにならないように、両端から真ん中に向かってかけ、真ん中にシワができないようにします。

2・袖

袖口から手を入れて、袖全体のシワを伸ばし、手のひらで上から押さえて伸ばし整えます。
縫い目に沿って、一往復。
次に、縫い目に垂直に向けて何度かかけます。
最後に袖口を持ってかけます。

3・身頃

身頃は、シワになるのを防ぐため最後にかけます。半分ずつかけます。
まず、後ろ身頃の内側からかけます。
後ろ身頃半分をアイロン台に乗せて、手でシワを伸ばします。
中心部分を縦にまっすぐかけ、中心部分から脇へ向かってかけます。

前身頃をのせてきれいに重ね、再び手でシワを伸ばし、前立て部分をかけたら、中心から脇に向けてかけます。

シワが戻らないためのポイント

しっかり乾かすこと。
スチームアイロンを使う場合、行きはON」、帰りは「OFF」にします。

 

まとめ

シャツの首回りや袖口の汚れ、気になりますよね。早速試してみたいと思います。アイロンがけは苦手なので、参考になりました!

Sponsered Link

Sponsered Link

 - くらし, ・あさイチ