美容 ・あさイチ

あさイチ 夏老け防止対策!崩れにくいメイク方法&化粧直しのやり方 山本浩未

投稿日:

夏老け防止メイク

7月11・12日NHK「あさイチ」で放送された「40代からの崩れにくい・夏老け防止メイクのコツ&テクニック」「日中のメイク直しのやり方」をご紹介します。

夏は朝しっかりメイクをしても、汗などで崩れやすく 紫外線や冷房などによる乾燥も加わって「夏老け」しやすくなります。

このような「夏老け」を防ぎ、ナチュラルに見えるのに崩れにくいベースメイク・ポイントメイクのやり方です。

合わせて日中の化粧崩れの直し方もまとめました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

教えてくれたのは、メークアップアーティスト山本浩未さん。

Sponsered Link

崩れにくいメイクテクニック
夏老け防止・朝メイクのやり方

下準備

いつものスキンケアの前に行います。

まずは蒸しタオルを使って血行を良くし、スキンケアの浸透を良くします。

  1. 50度前後のお湯につけてしぼった蒸しタオルを顔全体にあてて温めます。
  2. タオルが冷めたら温め直して、もう一度温めます。★2回行うことで肌の奥までうるおい緩めることができ、その後に行うスキンケアの浸透を良くすることができます。
  3. 温めた後は、タオルで耳の周り・首からデコルテに向けてやや強めにふいて刺激します。
  4. 次に、タオルを冷水につけてしぼり、冷やしタオルで顔全体に当てて冷やします。

化粧下地

  1. 化粧下地は、皮脂・テカリ防止のものを使います。
    スタンプのように顔全体にのせていき、両手で薄く顔全体に伸ばす。
  2. 水スポンジを作ります。スポンジに水をつけしぼりティッシュで軽く水分を取る。そのスポンジで下地の上を軽くトントンパッティングする。★スポンジに余分な下地がつき、水分が蒸発するときにぴたっとフィットさせてくれます。

↓使用されていた化粧下地はこちら

 

ファンデーション

ファンデーションはリキッドタイプがおすすめ。

  1. 量は普段の8割程度にして、頬の真ん中から外側に向かって薄く伸ばしていきます。
    厚塗りに見えないようフェイスラインには塗らないのがポイント。
  2. 薄く重ねていきます。
  3. 仕上げに、水スポンジで軽く抑える。(再度濡らす必要はありません)
  4. 濃いベージュのフェイスパウダーをフェイスラインに乗せます。★濃いベージュを選ぶことで顔全体がすっきりして夏らしく仕上がります。
  5. 再度水スポンジを当てる。★粉っぽさが取れてよりナチュラルに仕上がります。

 

アイメイク・マスカラ

目元に使うアイライナー・マスカラは汗に強いウォータープルーフのものを使います。

  1. ウォータープルーフのアイライナーを一回ざっと引く。
  2. 綿棒の先をつぶし、描いたライナーをなぞってぼかす。
  3. もう一度その上からラインを引く。★こうすることで崩れにくくなります。
  4. マスカラは、根元重視でしっかりと塗る。
    ★アイラインと一体化してまつげがしっかり生えているように見せることができます。

リップメイク

夏は艶やかなグロスがおすすめ。

  1. 口角にファンデーションを薄く塗る。★くすみがちな口角を明るくカバー。
  2. グロスを下唇だけに塗る。
  3. 上下の唇を合わせて全体をなじませ、軽くティッシュオフ。
  4. もう一度中央にだけグロスをつける。

ハイライター

メイクの仕上げに使います。

顔の高い部分にのせると立体感を出すことができます。
濃く入れすぎないように注意。

  1. ブラシにとり、余分な粉をポンポンと軽くはたいて落とします。
  2. 黒目の下からこめかみにかけて乗せる。
  3. Tゾーンに乗せる。おでこに入れ、縦ラインははナズ時まで入れず目頭の位置まで。

★おでこと頬のあたりに光が入り立体的に見えます。

ナチュラルに見えるのに崩れにくいメイクの完成!

 

Sponsered Link

日中メイク直しのやり方

汗や皮脂などでメイクが汗などで崩れてしまった時のメイク直しのやりかたです。

●可能であれば、保冷剤を手ぬぐいなどにくるんで首の後ろにあてて行いましょう。
肌を冷やすことで汗を抑えることができます。

下準備

  1. 綺麗なスポンジで、崩れている部分をなじませます。
  2. 保湿用バームで、マスカラやアイラインのパンダ目をきれいにします。
    保湿用バームを綿棒の先に薄くとり、手の甲において少しなじませる。
    目の下のパンダ目になっている部分に綿棒を転がすようにしてぬぐい取る。
    ★バームがない場合は乳液でもOK。
  3. バームを指先にとり、目尻や口元などの乾燥の気になる部分に塗る。

メイクを直す

  1. ファンデーションを塗りなおす。
    ファンデーションを顔の中央を中心につけ、フェイスラインは余りでなじませる。
  2. マスカラを塗りなおす。
    マスカラは細くて繊細なブラシのものがおすすめ。
    根元だけ塗りなおし、下マツゲにもつける。
  3. チーク
    ジェルやクリームタイプのチークを塗る。
    指先にとり、頬の高いところにとんとんと少量のせ、ついていない指でなじませる。
  4. リップを直す。
    リップグロスを塗り、ティッシュで一度軽く押さえる。

これで完了です♪

まとめ

崩れにくい夏にオススメのメイクテクニックでした!

ぜひ試してみてくださいね。

↓40代に似合うメイク方法も参考にしてみてください。

アラフォーのベースメイク術・ファンデーションとコンシーラーの使い方&選び方
あさイチ 40代メーク更年期対策!ベースメイクでくすみやシワ解消・コンシーラー&ファンデーションの選び方と使い方

4月10日NHK「あさイチ」で放送された「アラフォー世代からのメイク更年期対策法」をご紹介します。 40代・50代からの大人メイク ...

続きを見る

40代アラフォー大人メイク術!アイメイク・チーク&口紅で10歳若見え
あさイチ 40代メーク更年期対策!アイメイク・チーク&口紅で10歳若見え!

4月12日NHK「あさイチ」で放送された、「メイク更年期対策講座・40代50代からの大人メイク術・10歳若返るアイメイク・チーク& ...

続きを見る

Sponsered Link




-美容, ・あさイチ

Copyright© essence note , 2018 All Rights Reserved.