essence note

ダイエット・健康・料理・グルメ・ライフスタイルなど。気になるコト役立つ情報アレコレ。

ミュゼ

くらし ・あさイチ

あさイチ・40代アラフォーからのトップス着こなし術!似合う丈や色を見極めておしゃれに♪

投稿日:2017/04/05 更新日:

4月5日NHK「あさイチ」で放送された「40代・アラフォーからのトップス着こなし術」、「骨格を見極めて似合う丈を見つける方法」「肌の色味を見極めて似合う色を見つける方法」「シンプルな服の着こなし方」などをご紹介します。

何を着ても似合わない、何が似合うのかわからない、いろいろ隠したくてチュニックばかり着ている、シンプルな服を着るとダサく見えてしまう...などなどアラフォー世代からのファッションお悩み解決です。

オシャレがしたいのに、なんだかいまいちしっくりこないと感じているあなた!ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Sponsered Link

...

体型の悩み・骨格を見極めて似合うトップス丈を見つける!

アドバイスをしてくれたのは、クローゼットオーガナイザー・鈴木尚子さん。

 

やはり一番多いのは、体型の悩みですよね。
お尻やお腹、腰回りなどを隠したくてチュニック丈の服しか着られない...という悩み。

ぽっこりお腹やお尻を隠そうとしてチュニックなど長めの丈を選んでしまいがちですが、実はこれは逆にその部分を強調してしまい、逆効果になっていることもあるんです。

体型をうまくカバーするトップスの丈は、「骨格」で判断して解決できるそうです。

40代以降は、加齢によりもともとの骨格の特徴が強くなるそうで、たとえば太ももが太い人、上半身がガッチリしている人は、さらにそこにボリュームが出てしまう、などの傾向があるとのこと。その「骨格」を見極めて、うまくカバーできる似合う丈がわかるんですね。

女性の体型は大きく分けて「腰回りタイプ」「腰横張りタイプ」「肩張りタイプ」の3つに分けられ、それぞれ似合う丈が違います。

 

ストレートタイプ(腰回りタイプ)

胴周り(お腹周りや腰回り)にボリュームがあるタイプ。肋骨を上から見ると丸に近い形をしています。

似合う丈は「腰骨丈」。腰骨が隠れるくらいの着丈にするとすっきり見えます。
トップスを腰骨丈にすることで、目線が上に行き、気になるお腹周りが目立ちにくくなります。

 

ウェーブタイプ(腰横張タイプ)

上半身はスリムですが下半身にボリュームがあるタイプ。肋骨を上から見ると楕円に近い形をしています。

腰横張りタイプは、「ウエスト丈」が、すっきり見える似合う丈です。
タックの入ったパンツで腰回りをカバーすると、よりすっきり見せることができます。

 

ナチュラルタイプ(肩張りタイプ)

肩幅が広く、肩周りにボリュームが出やすいタイプ
骨が太い傾向があり、年齢とともに筋張った印象が強くなる傾向があるとのこと。

肩周りにボリュームが集中しないように、「長めの着丈」がオススメです。

 

■自分の骨格タイプを知りたいときは、
一般社団法人骨格スタイル協会のホームページでチェックできます。

 

胸骨のタイプで似合うデザインを選ぶ!

胸骨が前に出ていて立体的なタイプの人、ストンと下に落ちていて平面的なタイプの人では、胸元のデザインの選び方も変わってきます。

立体的なタイプ

ヒラヒラしたデザインのものを着ると、ボリュームが出て太って見えてしまいます。
襟元がシンプルなものがおすすめ。
襟ぐりが詰まったものよりも、開いているものがすっきり見えます。

 

平面的なタイプ(胸の骨が平らな人)

胸元に装飾があるデザインのもの。フリルやタックがあるものがおすすめ。
また、アクセサリーを加えるなどすると華やかに見えます。

 

首が短い人、ハト胸の場合も、Vネックで、縦長にすっきりしたデザインのものが良おすすめです。

二の腕が気になる人は、肩線がきちんとしたものがおすすめ。
肩腺が肩にあっていて切り替えの線が入っている方がすっきり見えます。
最近流行りのドロップショルダーは、肩から二の腕のラインがより丸くボリュームが出て見えてしまいます。

 

体型別全身コーデのポイント

ストレートタイプ

胴周りにボリュームがあるタイプの人。
Iラインにまとめることで、着やせ効果がアップします。
トップスは大きすぎず小さすぎず、ジャストサイズなもので、襟元とボトムスもボリューム感の少ないすっきりしたものでまとめます。

 

ウェーブタイプ

Xラインにまとめる
ウエストにポイントを置き、上半身はすっきりしたもの、下半身はゆったりしたものを合わせるのがおすすめ。

 

ナチュラルタイプ

YまたはAラインにまとめる。
トップスは少しボリュームがあるものや、ドロップショルダーのものなどを合わせ、ボトムスはすっきりさせます。
または、トップスは丈の短いものやすっきりしたものを選び、ボトムは太めのバギーパンツやAラインのスカートなどを合わせます。

 

肌のくすみ問題・自分に似合う色の見極め方

アドバイスをしてくれたのは、カラープロデューサー・今井志保子さん。

肌がくすんで見えるという悩みは、まず自分の肌の色味を知ることがポイントです。
実は年齢だけの問題ではなく、そもそも似合う色を選んでいないと肌がくすんで見えてしまいます。

春は明るい色が着たくなりますよね!大丈夫。自分の肌の色を見極め、「自分に似合う色」を選べば、パステルカラーや明るい色も着こなすことができるんです。

肌の色:青み系?黄み系?

肌の色は、「青み系」と「黄み系」の2つに分かれます。
服の色は顔に反射するので、肌が明るく見える色を選ぶのがポイント。同じ系統の色を選ぶと良いそうです。

手のひらの色味を見てみましょう。

ピンクっぽい人・・・青み系。
オレンジっぽい人・・・黄み系。

■青み系の人
ブルーやピンク系の「青みがかった色」が顔色をきれいに明るく見せてくれます。
逆に、ベージュや茶色、黄色系の色は反対色なので、肌がくすんで見えてしまい、似合わない色になります。

■黄み系の人
ベージュやオレンジ、茶色、緑、カーキなど「黄みがかった色」を選ぶのがポイントです。
逆に、ピンクやブルーなどは肌がくすんで見えてしまいますので注意です。

[adsense-b]

顔立ちのタイプ:曲線的?直線的?

顔立ちのタイプを色の強弱と合わせると、さらに似合う色を絞り込む際の参考になります。

曲線タイプ
輪郭や目尻、眉などに曲線が多い人は、ソフトな印象なので淡い色が似合います。

直線タイプ
直線が多い人は、はっきりとした印象なので濃い色が似合いやすいそうです。

私はピンクっぽいので、青み系。顔立ちは曲線タイプです。
先日、水色のスプリングコートを買ったのですが、正解だったようで安心しました^^;。

 

シンプルな服を着こなすポイント

教えてくれたのは、スタイリスト・山本あきこさん。

シンプルな服、カジュアルな服を着こなすときは、ちょっと工夫が必要です。

白シャツ編

普通にそのままきちんと着ると地味に見えてしまいます。
ちょっと着崩したり、またアクセサリーを使うのがポイントです。

裾をボトムにインして、少し引っ張り出してブラウジングします。
ボトムにインした後、万歳して出た分を下にゆるっと戻すとちょうどいい感じになります。

襟元のボタンは2つあけて、襟の後ろの部分を立てます。首回りがすっきり見え、小顔に見せる効果もあります。

袖はロールアップするだけで、こなれ感が出せます。体の中でも一番細いパーツ=手首を見せることで女性らしさを強調することもできます。細く折ってから、無造作に仕上げるのがポイントです。

カーディガンを羽織る場合は、シャツの袖口を少しのぞかせます。

 

タンガリーシャツ編

黒の小物をちりばめるとおしゃれ感がアップします。
黒は強く、重く見えるので、小さいサイズのもの選ぶのがポイントです。

 

ボーダー編

ボーダー柄は、カジュアルで普段着感がでてしまいます。
エレガントなアクセサリーや小物を合わせることで、オシャレ感がアップします。

手持ちの服でも、アクセサリーやちょっとした着こなし方ですごく変わるんですね!

 

まとめ

シンプルな服を着るとダサく見えてしまう...というのはすごく共感してしまいました。シンプルな服をさらっとオシャレに着たいのに、服はとても綺麗なのに、鏡を見るとがっかりってことが多々あります。昔は何でも似合ってた(はず)なのになー...と( ´∀`)。
アラフォー以降のオシャレって難しいですよね。シックな色を着るとなんだか地味地味で老けて見えてしまう。若々しくしようと思っても、若作りでイタイ感じに見えてしまいそうだし。そしてあらゆるところの贅肉も隠したいし(笑)。

年齢とともに体型も変わり、やはり今までとは違うので、視点を変え、工夫することが大事なんですね。
ぜひ参考にしたいと思います!

[adsense-b] [adsense-b]

 

sponsered link


sponsered link


アドセンス関連コンテンツユニット



-くらし, ・あさイチ

Copyright© essence note , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.