あさイチ 手足の乾燥ケア!血行を良くするマッサージ&保湿クリームの塗り方

      2017/02/26

...

冬はどうしても肌の乾燥が気になります。
今回は、手や足の肌の乾燥予防法として、血行を良くするマッサージのやり方や保湿クリームの塗り方などをご紹介します。肌の表面のケアだけでなく、血行を良くすることも大事ですよね。

ぜひ参考にしてください。

2/23NHK「あさイチ」で放送された内容を元にまとめました。

Sponsered Link

クリームの選び方

クリームにもいろいろありますが、肌の状態によって使い分けると効果的です。

・ガサガサがひどいとき・・・尿素が入ったもの。
・疲れているとき・・・ビタミンEが入ったもの。
・ひび割れなどがありしみるとき・・・ワセリン。

クリームは朝晩と、水に触れた時など、こまめにつけましょう。
マッサージは1日1回、夜寝る前などが良いでしょう。

 

手の乾燥ケア

手は、常に目に触れるものですし、日頃の努力があらわれる部分でもあります。

常に外的刺激にさらされているうえ、手のひらと足の裏には皮脂腺がないのでより乾燥しやすいのです。
手荒れがひどくなると、肘の方まで炎症が広がったり、爪が変形してしまうこともあるため、日常的にしっかりケアすることが大切です。

手の乾燥を防ぐためには

手を洗った後、濡れた時は、とにかくすぐに拭くのがポイント。

濡れたままにしておくと、水が蒸発するときに、肌の潤いも一緒に奪われてしまうため、すぐに拭くこと。
そしてマメにハンドクリームを塗ること。

洗剤を触るときは、手袋をする方が良い。
なるべく水に触れる回数を少なくして、手を洗いすぎないようにすること。

プッシュ式のハンドソープはたくさん出てしまうので、固形の石鹸がオススメ。
手荒れがあるときは特に石鹸が良いとのこと。

 

ハンドクリームの塗り方

普段のお手入れはハンドクリームで。
・水に触れた後。
・寝る前にはたっぷり塗ってマッサージをしましょう。

寝る前のハンドマッサージ

ちょっと多めにとって手のひらに広げます。
小指側の手首から指先へ、ひっぱるように伸ばします。

そのほかの指も、指の付け根から指先へ引っ張るように伸ばしていきます。
親指の付け根を軽く押すようにして、指先へ引っ張るように伸ばします。
量が多く残った分は、肘の方へのばします。

手袋はしなくても良い。
たっぷり塗って寝れば大丈夫。

ゴム手袋でかぶれる人は、下に綿の手袋をつけると良いです。

足の乾燥ケア

特にかかとが乾燥してカサカサになったり、ひび割れたりしますよね。

冬はどうしても足元が冷えるので、暖房を当てすぎるとより乾燥しやすくなります。
また、かかとが硬い靴、底が薄い靴は、衝撃が伝わりやすくより悪化します。
かかとへの刺激を少しでもやわらげるため、できるだけ底が厚くクッション性があるものを選ぶと良いとのこと。

かかとの乾燥を防ぐには

かかとも顔と同じ気持ちでケアしてあげましょう。
洗ったらすぐにクリームで保護することが大事。(お風呂上がりなど)

軽石などでこすりすぎないようにしましょう。
こするのは表面だけにし、こすった後も必ずクリームをつけて保護してあげましょう。

 

足のクリームの塗り方&マッサージ方法

クリームをたっぷり手にとり、手のひらに伸ばします。
足の裏全体に塗って伸ばします。
両手で、足の裏を揉み込むようにマッサージしながら塗ります。
かかとからふくらはぎを刺激するように下から上にさするようにしてのばしていきます。

 

唇の乾燥ケア

ワセリンとハチミツを半々の分量で塗り、ラップをあてて、1分ほどパックします。
ハチミツには保湿成分と栄養分があり、しっとりとなります。

 

まとめ

私も乾燥肌なので、冬は特にカサカサになって、ひどくなると湿疹のようになったりします。普段から保湿を心がけていますが、血行を良くするマッサージ法はとても参考になりますね。

 - 健康, 美容, ・あさイチ