ミュゼ

料理 ・あさイチ

あさイチ 3秒で魚の臭みを取る方法と保存方法&極上塩焼きのレシピ!2段塩でしっとりふわふわに

投稿日:

魚の臭みを取る方法&極上塩焼きのレシピ

9月19日放送の「あさイチ・すご技Q!」の「魚の切り身ワザ特集」で放送された
魚の切り身を使いこなすワザということで
・3分で魚の臭みを取る方法
・「2段塩」で魚の塩焼きをふわふわに美味しく作る方法
をご紹介します。

魚の切り身は手ごろなお値段で、使いやすいので家庭でも良く登場するメニューの一つですよね。

秋は、鮭やさばが旬で美味しいですが、
魚の切り身をより美味しくいただくお料理のコツです。
家庭でもすぐに真似できる簡単なやり方です。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

教えてくれたのは
水産庁水産復興アドバイザー・ウエカツさんこと上田勝彦さん。

Sponsered Link

...

魚の切り身の臭みを取る方法

魚の生臭さを取る方法は、とっても簡単です。

流水で3秒洗い流すこと。

魚の臭いの元「トリメチルアミン」は水に溶けやすい性質があるため、3秒間水で洗い流すだけで臭いは落ちるそうです。

この3秒という時間がポイントで、
3秒以上洗い流してしまうと水分が身の中に入り込み、食べたときに水っぽくなってしまいますのでご注意を。

3秒で臭いを取る方法・やり方

1.流水で3秒洗う。
2.ペーパータオルで水けをしっかりと拭き取る。

これだけです!

ウエカツさんおすすめの冷蔵・冷凍保存術

魚の冷蔵方法:紙塩(かみじお)のやりかた

  • バットに塩をまぶし、その上にキッチンペーパーを敷きます。
  • その上に、下処理をした切り身を少しぬらして乗せます。
  • 上からキッチンペーパーで包んで塩をまぶし、ラップをかけて冷蔵庫で保存します。

★冷蔵庫で3日程度保存可能。

魚の冷凍保存方法

 

  • 「紙塩」をした切り身を1時間ほど冷凍庫で寝かせ、その後キッチンペーパーをとってラップに包み、冷蔵します。
  • さっと水にくぐらせ、保存袋に入れて再び冷凍します。★こうすることで薄い氷の膜ができ、パサつきや味の劣化などを抑える効果があります。

 

魚の切り身の極上フワフワ塩焼き・レシピ

●美味しく焼くコツ
・「2段塩」で身の中まで塩気を入れる。
・表1割、裏7割、表2割の割合で焼く。

材料

  • 魚の切り身

作り方

  • 流水で3秒洗い、その後しっかりと水気をふき取る。
  • 少し濡らした手に塩をひとつまみつけ、切り身全体に擦りつけて、5分ほど置いてなじませる。
  • 指先に塩を付け、はじくようにして切り身の表面にまんべんなく塩をあてる。★塩を2回に分けてつけることでムラなくしっかりと塩が染み込み美味しくなります。
  • フライパンに油をひいて中火にかけ、皮目から入れて10秒焼く。1割焼いたら裏返して身の方を7割程度焼く。
  • 再度裏返し表面を焼いて、最後に皮目をぱりっとさせたら完成。

 

Sponsered Link

まとめ

魚の臭みを取るには、3秒水洗いするだけで良いなんて簡単でいいですね!
シンプルな塩焼きも臭みがあると美味しさ半減なので、是非やってみたいと思います。
2段塩のやりかたも勉強になりました( ´∀`)

sponsered link


sponsered link


アドセンス関連コンテンツユニット



-料理, ・あさイチ

Copyright© essence note , 2017 All Rights Reserved.