小豆水ダイエットの効果!1週間で3.6kg痩せたやり方&作り方・ピラミッドダービー

      2017/04/12

...

2/26「ピラミッドダービー」で話題になっていた小豆水ダイエットについてまとめました!
北陽の伊藤さおりさんが1週間挑戦し、マイナス3.6kgのダイエットに成功!そのやり方や小豆水の作り方などを詳しくご紹介します。

ダイエットが気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

Sponsered Link

小豆水ダイエットとは?

小豆水ダイエットとは、小豆を茹でた煮汁を飲むというものです。

小豆にはダイエット効果のある「ポリフェノール」が豊富に含まれていて、赤ワインの1.5倍〜2倍もあります。茹でた煮汁にはその栄養成分が溶け出しているため、食前に飲むことで、脂肪の吸収や血糖値の上昇を抑える効果があるのです。

また小豆ポリフェノールには血管拡張効果もあり、血流が改善されるため全身のめぐりが良くなり代謝もアップするというわけです。

茹でた小豆にも小豆ポリフェノールが残っているので、食前に小豆水を飲み、食事に小豆を取り入れれば、よりダイエット効果が期待できます。

■小豆の効果

  • 血糖値の上昇を抑える。
  • 脂肪燃焼効果。
  • コレステロールを体外に排出する。
  • むくみ解消効果。
  • 便秘解消・デトックス効果。
  • 抗酸化作用によるアンチエイジング効果など。

 

小豆の煮汁を飲むことで、小豆の栄養成分を効果的に取り入れることができるんですね!

 

小豆水の作り方

■材料

  • 小豆 50g
  • 水 500cc

■作り方

  • 500㏄の水に50gの小豆に入れて火にかけ、30分茹でる。
    *時間をかけて小豆を煮出すことで小豆ポリフェノールが抽出されます。
  • ザルでこし、人肌程度に冷ませば完成。
    *小豆水は日持ちしないので、冷蔵庫で保存しその日のうちに飲みきりましょう。

 ■魔法瓶(保温性の水筒やスープマグ)を使って簡単に作る方法もあります。

  • 魔法瓶に乾燥あずきを50g入れ、熱湯を注ぎ入れます。*小豆が膨張するので満タンまで入れないように注意。
  • 軽く振り、横にした状態で一晩(6~7時間)置いておきます。
  • 一晩置くと、小豆が水分を含んで柔らかくなります。

好みで塩を加えるか、コンソメスープの素を加えると飲みやすくなります。
お料理にちょい足ししてもOK。

茹でた小豆は、お米と一緒に炊いて「小豆ごはん」にしても良いですね。

 

小豆水ダイエットのやりかた

やり方は簡単です。食事の前に小豆水を飲むだけ。
食事制限は特にありません。

・1日3回食前30分以内に小豆水を飲む。
・1日に300㏄以上飲む。
・小豆水と一緒に茹でた小豆を食べても良い。

*下痢などのおそれがあるため1日1リットル以内にしましょう。
*茹で小豆の1日の摂取量は100g以下にしましょう。
*少量(板チョコやショートケーキ1/3程度)なら甘いものを食べてもOK。

食事制限はありませんが、当然食べ過ぎでは痩せませんので、できるだけ食物繊維などを取り入れたバランスの良い食事を心がけるのが良いですね。

 

小豆水ダイエットの効果は?

北陽の伊藤さおりさんが挑戦しました。
小豆水を食事の前に飲み、好きなものを食べつつ、小豆を食事に足したメニューも取り入れた生活を1週間続けた結果…

体重が67.6㎏ → 64.0㎏とー3.6㎏の減量に成功しました。

よく眠れてお通じもよくなったそうです。
全然辛くなく、無理なく取り入れられたとのことでした。

 

まとめ

伊藤さんは156cmと小柄なのに、1週間で3kg以上はすごい効果ですね。
シンプルな方法ですので取り入れやすいのではないでしょうか。
体にも良いので積極的に取り入れたい食材ですし、茹でた小豆は、サラダやスープなどにちょい足しして食べると良いですね。

■ダイエットに効果的な、あずきカレーの作り方もご紹介しています。
【その原因Xにあり】あずきカレーのレシピ&らっきょうでダイエット効果UP!

Sponsered Link

Sponsered Link

 

 - ダイエット, ・ピラミッドダービー