ミュゼ

ダイエット ダイエットレシピ 健康 料理 ・たけしの家庭の医学

たけしの家庭の医学 内臓脂肪を減らす海藻!アカモク(ギバサ)の食べ方・レシピ

投稿日:2017/09/26 更新日:

内臓脂肪を減らす海藻・アカモクのレシピ

9月26日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送された
内臓脂肪減らすという海藻・アカモクを使ったダイエットレシピについてまとめました。

アカモクは、食物繊維やミネラルが豊富で健康効果が高く、花粉症にも効くと言うことで近年話題のスーパーフードですが、なんと内臓脂肪を減らす効果もあるそうなんです。

食物繊維が豊富な海藻類の中でも特にアカモクは栄養成分が豊富で、運動をしなくても食べるだけで内臓脂肪を減らせるいうことで医学界で大注目なんだとか。

健康にも美容にも良いスーパーフード・アカモクを使ったダイエットレシピです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsered Link

...

アカモクが内臓脂肪を減らす!

内臓脂肪は、肥満や高血糖、動脈硬化など万病の原因にもなるものですが、
皮下脂肪と比較すると、つきやすいかわりに比較的落としやすいとも言われています。

ですが、一度ついてしまった脂肪は落とすのが容易ではなく、本来は”脂肪を減らすには食事制限とともに有酸素運動をするのが効果的”というのが一般的な考え方でした。

食物繊維フコダインが豊富

アカモクを茹でて冷水で洗うとねばねばした成分が出てきます。
さらに包丁などで叩くとより粘り気が出てきてモチモチになります。

このネバネバ成分が、海藻類に含まれる「フコイダン」という食物繊維です。

海藻類は低ノーカロリーで食物繊維が豊富なのでダイエットに適した食材ですが、
特にアカモクには、食物繊維(フコダイン)が豊富に含まれています。

このフコダインは水溶性食物繊維で、お腹の中でゲル状になって余分な糖分や脂質を包みこんで吸収を抑え、体外に排出する働きがあります。

アカモクを食べることで血糖値の急上昇を抑え、中性脂肪やコレステロールを抑制する効果が期待できます。

また、またフコイダンはNK細胞などを活性化させ免疫力を高める働きがあり、風邪などの病気の予防にもつながります。

さらには、免疫系を正常に戻してくれる働きもあるため、花粉症などのアレルギー抑制にも期待できます。

他にもビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどの栄養素も豊富で、美容にも健康にも効果が高いので、ぜひ意識して取り入れたい食材です。

 

私も海藻類は大好きで、めかぶやワカメなどは良く食べていますが、実はアカモクは食べたことがありません。
スーパーなどで売られているのを見かけたことがないような気がするんですが。。
ネット通販ですと手軽に入手することができます。
乾燥ものですと、保存がきくので便利ですね!

アカモクのレシピ

わかめやもずくと同じような使い方ができます。
サラダや和え物にするのがおすすめ。

1・水で戻したアカモクをさっと茹でて水気を切る。
2・包丁で叩いて粘りを出します。
3・ポン酢やめんつゆを適量加えてよく混ぜ合わせる。

・味噌汁にちょい足しする
・ご飯にのせて食べる
・そうめんやうどんのトッピングに
・サラダに
・酢の物に
・マグロの刺身にとろろがわりにかける

など、ちょい足しし簡単に食べることができます。
ネバネバと歯ごたえが特徴です。

▶︎以前、NHKで紹介されていたアカモクのレシピです。
こちらも参考にどうぞ!

あさイチレシピ・アカモクの中国風親子丼&生アカモクソースの作り方・井桁シェフ
あさイチレシピ・アカモクのうまみたっぷりパスタ&カルパッチョの作り方・マリオシェフ

 

Sponsered Link

まとめ

近頃大注目のアカモクの話題でした。
健康にも美容にも良いので、ぜひ積極的に食事に取り入れてみてくださいね。

sponsered link


sponsered link


アドセンス関連コンテンツユニット



-ダイエット, ダイエットレシピ, 健康, 料理, ・たけしの家庭の医学

Copyright© essence note , 2017 All Rights Reserved.